「3D Printing 2018」に出展

3D Printing 2018 出展レポート 会場:東京ビッグサイト 開催日:2018年2月14日(水)~2月16日(金)

「3D Printing 2018」に出展

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)は3Dプリンティング技術やそれにかかわるソリューションが一堂に会するイベントに出展。キヤノンMJが取り扱う3Dプリンターのラインアップを紹介しました。

参考出展のフュージョンテクノロジー社製の新商品3Dプリンター

注目を集めたのは参考出展したフュージョンテクノロジー社製の新商品3Dプリンター。大きなタッチパネルに変更するなど従来機種に比べ操作性が向上しました。さらにノズル温度が300度に対応することで、出力可能なマテリアルが増えることも訴求ポイントです。実際に出力している様子を実演したところ、のぞき込んで造形シーンなどを確認しているお客さまが多くいらっしゃいました。

3DSystems社の3Dプリンターで作成した樹脂メッキの塗装サンプル

3DSystems社の3Dプリンターで作成した造形サンプル展示コーナーでは、試作やデザイン検討に適しているプリンターであることを伝えるため、3Dプリンターの出力から樹脂メッキの塗装を組み合せたサンプルを展示。お客さまからは実際の工程についての質問が寄せられました。

HP社製3Dプリンターもご紹介

HP社の「HP Jet Fusion 3D」は最終商品としても使える3Dプリンターとして、各種造形サンプルを展示。この3Dプリンターは、他の3Dプリンターでは実現できない高速造形と、とても細かい造形が可能です。最終商品に適用すべく造形物を多くのお客さまにご覧いただきました。

今回のイベントを通じて、キヤノンMJは3Dプリンターの幅広い取り扱いを有し、ソリューションが可能なことをご紹介しました。
キヤノンMJは今後もお客さまのさまざまな課題を解決していきます。

このページのトップへ