モノづくりマッチングJapan 2017出展レポート

モノづくりマッチングJapan 2017 出展レポート 会場:東京ビッグサイト 東7ホール 開催日:2017年11月29日(水)~12月1日(金)

「モノづくりマッチングJapan 2017」に出展

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)は、“次世代製造技術に挑む”をテーマとする専門展示会「モノづくりマッチングJapan 2017」に出展、最新の3Dソリューションの紹介や講演を行いました。

キヤノンMJブースでは、最新のHP社製3Dプリンター「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」の各種造形サンプルの展示や活用例の紹介のほか、樹脂型にも活用できる高精度な3DプリンターFormLabs社製「Form 2」本体を展示・実演。特にHP社製3Dプリンターからの造形物は、試作品だけではなく実商品としての活用が見込まれるため、たくさんのお客さまから質問が寄せられました。
また、3D Systems社やフュージョンテクノロジー社の3Dプリンターも紹介、お客さまの要望に応えるさまざまなご提案事例を紹介しました。

ワークショップでは「3Dデータ/3Dプリンターを活用したイノベーションとは?」と題して、3Dデータや3D CAD、3Dスキャナーの概要や活用例を説明し、実際に3Dソリューションを活用することで便利になることや、広がる世界を分かりやすくプレゼンしました。また3Dプリンターの機種選定ポイントも説明。参加されたお客さまは興味深く聴講されていました。

モノづくりマッチングJapan 2017は、11月29日(水)から12月1日(金)までの3日間で、18,000名が来場されました。

このページのトップへ