UV硬化型アクリル樹脂タイプ:インクジェット方式(マルチジェット・プリント方式)ProJet MJP 5500X概要

ProJet MJP 5500X マルチマテリアル3Dプリンター

基本情報

ProJet® 5500X
商品名
プロフェッショナル3Dプリンターシリーズ
マルチマテリアル3Dプリンター
ProJet MJP 5500X

動画による製品紹介 ProJet MJP 5500X

主な特長

  • 一度の造形で、複数のマテリアルの使用が可能
  • 強固で微細で正確なパーツを造形
  • 大きなパーツから大小多数のパーツまでを造形
  • 同クラスの3Dプリンターに比べ、2倍の造形スピードを実現
  • 材料消費量が少なく、プリントヘッドは5年間保証付き

導入のご相談・お見積

  • 導入のご相談・お見積3Dプリンターの導入をご検討のお客さま向けに、導入までの流れなどをご紹介しております。導入のご相談やお見積依頼などお気軽にご連絡ください。

購入前のお問い合せ

電話番号:03-6719-9536

販売に関するお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパンは3Dsystems正規代理店です。

インクジェット方式(マルチジェット・プリント方式)

インクジェット方式は、紫外線硬化樹脂を非常に薄いレイヤー状にして平らなプラットホーム上にプリントします。パーツを造形するのと同時に支えとなるワックスをプリントします。各レイヤーは紫外線ランプが当たることで固まり、上部に積層されていきます。このプロセスはパーツが完成するまでレイヤー毎に繰り返されます。

複合マテリアル

多数のマテリアルから選択ができ、エンジニアリングプラスチックやラバー素材の造形も可能です。1つのパーツ内で数百種類のマテリアルの組み合せが可能となり、さまざまな用途に適応します。
きれいなクリアパーツから、白、黒、グレースケールなど指定した形で造形します。

主な用途

製造、建設、医療、教育その他のさまざまなマーケットで活用可能です。

造形サンプル一覧

このページのトップへ