SLA方式(UV硬化方式)Form 2特長

Form 2 3Dプリンター

大きな造形範囲と高精細な3Dプリント

デスクトップ型としてx145×y145×z175mmの大型造形範囲を実現し、より大型の試作品や製品を造形できるだけでなく、製品の樹脂型を造形することによる、最終製品の製造にも活用が可能となりました。
マシンの心臓部にある強力な光学エンジンは、独自に組み上げられたガルバノメーターによって誘導された250mWの高精度のレーザーにより、大きな造形物も細部まで再現いたします。

新たなピールメカニズムと自動加熱式レジンタンク

スライド式のピールメカニズムを採用することで、これまでよりも少ない剥離力で、大きな固形パーツをプリントできるようになりました。その分、レジンタンクも劣化しにくくなりました。レジンタンクを自動的に35℃に加熱することで、レジンの流動性を維持し、安定したプリントが可能となりました。

  • ピールメカニズム:造形物をレジンタンクから剥離させるための機構

豊富なマテリアル(材料)

様々な特徴をもつ9種類のマテリアルを使用可能です。

    4色カラーに対応

  • クリア樹脂
  • ブラック樹脂
  • ホワイト樹脂
  • グレー樹脂

  • キャスタブル樹脂  ロストワックス鋳造に対応
  • フレキシブル樹脂  80Aデュロメーターゴムを模倣した樹脂
  • タフ樹脂     伸張強度係数が比較的高いABS樹脂ライク
  • デュラブル樹脂  ポリプロピレン(PP)樹脂ライク
  • ハイテンプ樹脂  曲げ応力0.45 Mpaで熱変形温度(HDT)289℃の耐熱性
Form 2

主な用途

製造、建設、教育その他のさまざまなマーケットで活用可能です。

購入前のお問い合せ/導入のご相談・お見積

このページのトップへ