DMS設計・製造ソリューション展

キヤノンマーケティングジャパンは設計・製造ソリューション展に出展しました。


at 東京ビッグサイト

多くのご来場、ありがとうございました。

展示会では、3DCADデータを活用した設計・開発・生産プロセスをインプットからアウトプットまで一貫して構築できる3Dソリューションをご紹介しました。

  • 写真1
    ステージではキヤノンだからできる幅広いソリューションを紹介しました
  • 写真2
    軽量で使いやすい3Dスキャナーの性能の高さに関心が集まりました
  • 写真3
    SOLIDWORKS、Vectorworksの3DCADソフトへも注目が集まっていました
  • 写真4
    3Dプリンターで出力した、サンプルの精度を体感いただきました
  • 写真5
    ラベルプリンターによる、業務効率化に関心が集まりました
  • 写真6
    業務効率化の鍵、ハンディーターミナルの豊富な機能を紹介しました
  • 写真7
    MREALを眼鏡のように装着すると、何もない場所に奥のモニターに映し出されているような3D映像が見え、その技術の高さに驚きの声が上がっていました
  • 写真8
    JoyWacherSuiteとの連携による、工程管理機能を紹介しました
  • 写真9
    3Dソリューション全体のフローを紹介、多くの方にご来場いただきました

製造業向けソリューション分野で培ってきた豊富なシステム開発およびソリューション販売の実績・ノウハウを生かし事業を展開することで、お客さまの開発プロセスの革新、少量生産への対応などに貢献していきます。
キヤノンブースでは、3Dデータと周囲の映像をヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)上に映し出し、試作レスを実現するMR(Mixed Reality:複合現実感)システムMREAL(エムリアル)を体験するコーナーや、3DCADデータからの高精細な造形を実現する3Dシステムズ社のProJet 3500シリーズの展示など、3DCADから3Dプリンターをはじめとする、開発・製造から出荷・サービスまで、これからの“ものづくり”を加速させるソリューションをご紹介しました。

製造業のバリューチェーン構築を支援する、キヤノンマーケティングジャパングループの総合力

3DCADから3Dプリンターでの開発・試作や製造の工程から生産・出荷工程に至るまで、キヤノンマーケティングジャパングループの総合力で“ものづくり”におけるさまざまな課題を解決に導きます。

フローチャート:早い段階で試作によるデザインレビューを繰り返し品質向上・工数削減を実現(開発・設計/試作・評価) / 効率化・自動化の促進(生産・梱包・出荷)

【展示内容】キヤノン特設ブースで、充実したトータルサポートの流れを体感いただきました

会場見取り図
1. 開発・設計ソリューション展示

3次元CADソフトウエア「SOLIDWORKS」は、3次元設計・製品設計・図面作成・コミュニケーション機能を兼ね備えています。操作性に優れた SOLIDWORKS 3DCADソリューションなら、広範な業界およびアプリケーションで製品開発時間の短縮、製造コストの削減、製品品質および信頼性の向上を実現できます。

Vectorworks Architect 2015シリーズは、2D/3Dの高性能な汎用作図機能に、BIMデザイン機能をはじめとする先進的な建築設計支援機能や豊富な建築向けのデータライブラリーを搭載した建築/内装業界向けCADです。2D/3Dのデザインワークは統合された操作性により、3D環境でも2D作図が可能になり、“ Parasolid モデリングエンジン ”をベースとした作業環境は堅牢、かつ柔軟な作図を提供します。

2. 試作・評価ソリューション展示
ProJet 3500HDMax

3Dプリンターを活用すると、設計データを社内ですぐに造形し評価までできるので、商品開発の期間や外注試作コストを大幅に削減できます。
3Dシステムズ社のProJet 3500シリーズで造形したサンプルをご覧いただき、その微細な表現力をご確認ください。

3. 生産・梱包・出荷ソリューション展示
ネットワークカメラ:
生産ラインの作業効率の向上や品質・安全管理の改善を実現します。
ラベルプリンター:
ダンボールの中身や配送先などの見える化により、ピッキングミスを防止します。
ハンディーターミナル:
物流倉庫でのピッキングミス防止、管理センターとのリアルタイムな情報共有を実現します。
4. 大画面工程表展示

従来にないコンパクトボディーのレンズシフト機構搭載の短焦点WXGAプロジェクターと彩美s〈SaiVis〉を使用し、工程管理表やCAD図面を大画面表示します。

5. 3Dバーチャル体験

MR(Mixed Reality)とは現実世界と仮想世界を融合させる映像技術です。MREALは3DCADで作成したデータを目の前に実寸大で表示することが可能です。デザインレビューをはじめ、製造業の多くの場面で、これまでにない新たな可能性を創造します。

最新のニュース・イベント情報