金属3DプリンターProX DMP 8500概要

DMP8500は、金属3Dプリンターによる量産化を実現可能にした大型ワークサイズのシステムです。
ユーザー様ごとの生産量に合わせ柔軟に生産規模を調整できるよう、機能別のモジュール群で構成されています。

各モジュールの機能(おもなモジュールを抜粋)

造形モジュール(Direct Metal Module)
造形をする上でメインとなるユニット
プリントモジュール(Removable Print Module)
DMPに格納して造形を行うためのステージモジュール
発掘モジュール(Depowdering Module)
RPMを格納して造形物を発掘作業を行うためのモジュール
粉末管理ユニット(Powder Management Unit)
粉末材料を再生しカートリッジに充填するモジュール
  • DMP内でも粉末材料の再生が可能

おもな仕様

500×500×500mmのワークサイズ
設備拡張を可能にするモジュールコンセプト
複数のファイバーレーザーを搭載

特長

再現性の高い造形品質

部品生産においては、バッチ間の造形品質差が極力無いよう高い造形再現性が要求されます。
ProX8500の造形モジュールは、酸素含有量を最小限に抑えるための真空制御機構を備えており、高品質な金属造形を可能にするだけでなく、粉末材料を繰り返し使用するうえで十分な粉末品質を維持し、粉末材料の排気量を極限まで抑制します。

運用コストを抑えた金属造形

機能別のモジュールコンセプトによって、金属3Dプリンターの連続稼働が可能となり、Addtive Manufacturingによる量産移行をスムーズにします。
真空制御機構による消費ガスの削減・粉末材料の品質維持を実現させるだけでなく、生産量に応じたモジュールの台数と種類を一致させる事で、設備投資と人的作業のプロセスを最小限に抑え、運用コストを削減する事が可能です。

高い生産性を実現するシステム

大きなワークサイズと(500×500×500mm)と複数のレーザーを搭載する事により、高い生産性を実現します。
また、金属3Dプリンターとその他モジュールを必要数追加するだけで製造規模を簡易的に調整する事ができます。

シームレスな大型部品の造形

複数レーザーの最適構成と金属3Dプリンター専用ソフトウエア“3DXpert”の駆動スキャン技術により、シームレスな大型部品の造形を可能にします。
金属造形部品に対する優れた機械特性と表面品質をもたらします。

3D Systems社製金属3Dプリンターの機種比較をされたい方はこちら[309KB]PDFをご覧ください。

商品に関するお問い合せ

ご導入検討のお客さまへ

  • 製品に関するお問い合せデモンストレーションのご依頼、価格のお問い合せやカタログのご請求に関するお問い合せなど。
  • カタログダウンロード総合カタログや装置スペックと材料毎の機械特性などのカタログをダウンロードできます。

電話でのお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
産業機器事業部 生産革新機器営業部 営業第二課

電話番号
03-3740-3399(直通)
ファクス
03-3740-3356
  • 年末年始弊社休業日は休ませていただきます。
このページのトップへ