Canon

サイト内検索


Digital Camera Series
   
PowerShot ラインアップ
PowerShot Pro90 IS
PowerShot G1
PowerShot S20
PowerShot S10
PowerShot A50
PowerShot Pro70
   

IXY DIGITAL
EOS Dシリーズ
PowerShotシリーズ
デジタルカメラ トップ
   

サービス&サポート トップ
   
   
 
 

PowShot A50の特長、商品価格・発売日程・商品構成一覧・PowerShot A50の本体仕様


PowerShot A50 の特長
 
ジュラルミン合金を採用したコンパクトなデザイン

PowerShot A50は、PowerShot A5/A5 Zoomでの小型化技術を踏襲し、コンパクトなボディにメガピクセルの画質とズーム機能を搭載しました。ボディ外観には薄くて軽く強靭なジュラルミン合金を採用し、フルフラットなデザインとあいまって、ポケットにおさまる優れた携帯性とメタルボディが持つ高い質感を兼ね備えた、『持つ喜び』を実感できるカメラです。


コンパクトカメラにふさわしい軽快な操作性

デジタルカメラで指摘されるシャッターインターバルの短縮化という課題に対し、キヤノンは、独自開発による専用ICとバッファメモリを搭載することで、最短2.5秒の撮影待ち時間を実現しました。 また、安定したホールディングを可能にしたレンズを中央部へ配置したデザイン、見やすくわかりやすい大型モードダイヤルの採用等、カメラライクな優れた操作性はPowerShot A5/A5 Zoomから継承しています。


高解像・低歪2.5倍光学ワイドズームレンズ

レンズには、PowerShot A5 Zoomでも好評の、広角側から使用できる光学ワイドズームレンズ(焦点距離4.3-10.8mm、35mmフィルム換算28-70mm)を採用しています。室内など、被写体との距離が制限されるシーンやスナップ撮影などにおいても多彩なアングルを可能にするレンズです。またズームレンズには一眼レフカメラ用の広角系交換レンズ等で広く使われているショートズーム方式を採用しており、カメラボディのコンパクト化に寄与しています。


描写力、表現力をさらに追求

CCDには1/2.7インチ 131万画素タイプを採用。その能力を最大限発揮させるために、画素数アップに合わせた光学ローパスフィルターの特性の最適化を行ないました。さらに、レンズの偏心調整・CCDのあおり調整等の精度の追求を図ったことで、画面全体にわたって優れた描写力を可能にしました。また、7群7枚のレンズ構成と、3枚の非球面レンズは、広角側で発生しがちな非点収差や歪曲収差を良好に補正し、画像周辺部までの高解像・低歪を実現しています。


撮る楽しさを広げる多彩な撮影モード

撮影者の撮影意図に応える、多彩な撮影モードも用意しました。

  • 滝や噴水を流れるように撮影するときや、流し撮りに最適な『スローシャッターモード(最長2秒)』
  • 夜景を効果的に撮影できる『夜景モード』
  • 撮影時の光源を、太陽光、曇、電球、蛍光灯の中から選択できる『マニュアルホワイトバランス』


業界新標準ファイルフォーマット、DCF/DPOFに対応

これからの業界標準である、新カメラファイルシステム規格DCFや、撮影画像の中からプリントしたい画像や枚数などの指定情報を記録メディアに記録するフォーマットDPOFに対応しており、安心してお使いいただけます。

  • DCF(Design rule for Camera File system):
    デジタルカメラなどで撮影した画像ファイル等を、他のデジタルカメラや関連機器間で簡便に利用し合える環境を整えることを目的に、(社)日本電子工業振興協会(JEIDA)で標準化された規格です。異なるメーカー間でも、同規格に対応したデジタルカメラやダイレクトプリンタでの画像再生やプリント出力を可能にしています。
  • DPOF(Digital Print Order Format):
    撮影した画像の中からプリントしたい画像や枚数などの指定情報をメモリーカードなどの記録メディアに記録するためのフォーマットで、イーストマン・コダック社、富士写真フィルム(株)、松下電器産業(株)、キヤノン(株)の4社で提案しました。画像や枚数などの指定情報がメディアに記録されているため、ダイレクトプリンタでの各種設定やラボ・プリントサービスでの注文コマ指定の記入といった煩わしさを軽減します。


業界標準に準拠しコンピュータとの高い親和性を確保

PowerShot A50はWindows95/98, NT4.0環境とMacintoshの環境の双方をサポートしています。インターフェイスにはシリアルとCF(コンパクトフラッシュ)を用意しており、同梱のパソコン接続キットを使えばRS232C接続により誰にでも簡単にPCに撮影データを取り込むことが可能です。
また、Note PCのようなPCMCIAインターフェース環境、もしくは別売のCF Card Readerを接続すれば、直接CFカードを経由した高速なデータ転送が可能となります。


8MB CF (コンパクトフラッシュ)カードを同梱

画像記録のためのメモリーカードには、大容量化が容易で信頼性に高い業界標準CFカードを採用すると共に、8MBタイプを同梱します。これによりLarge(1,280×960pixel)サイズ・Fineモードでは23枚、Normalモードでは43枚までの撮影が可能です。


便利な3電源方式を採用

カメラ本体への電源供給には3タイプを用意しています。
カメラ本体セットには、一次電源としてキヤノン一眼レフEOSにも採用されている2CR5(リチウム)を、さらにオプションの電源キットには、小型・高容量な専用リチャージャブルNi-MH(ニッケル水素)電池・チャージャー機能付きAC電源を用意いたしました。
これにより、様々な状況での撮影に対応しております。


パソコン接続用ケーブルとデジタルカメラの楽しさを広げる豊富なソフトウェアを標準添付

PowerShotA50では、撮影した画像をパソコンに取り込むパソコン接続用ケーブルやドライバーソフトと、簡便かつ効果的な画像加工やデータベース作成を可能にするソフトウェアを本体に標準添付しています。

≪添付ソフトウェアのご紹介≫

  • Ulead PhotoExpress 2.0 SE (for Windows 95/98/NT4.0)
    Ulead PhotoExpress 2.0 SEの画面 わかりやすいユーザーインターフェイスとガイド機能により、初心者にも簡単にレタッチができる画像編集ソフトです。
    豊富なテンプレートを用意しており、PowerShot A50から読み込んだ画像データを使い、ハガキ、カレンダー、ポスター等が簡単に作成できます。
    また、動画アニメーションが作れるモーフィング機能や画像の再編集に便利なレイヤー機能をサポートしており、ユーザーの作画意欲を広げます。


  • PIXELA PixeColor Player 2.1 (for Macintosh)
    PixeColor Player 2.1の画面画像データベースソフト『Photo Book』とレタッチソフト『Retouch Book』の2つのアプリケーションから構成されています。Photo Bookで画像データをデータベースとして登録し、登録した画像からダイレクトにRetouch Bookを起動して、編集・加工・レイヤー合成等が行なえます。


  • TimeTunnel 2.4 (for Windows 95/98/NT 4.0)・ 1.6(for Macintosh)
    TimeTunnel 2.4の画面TimeTunnelはPowerShot A50で撮影された画像の整理・ブラウズを、撮影された時間順に行なえるソフトウェアです。また、TWAINドライバを起動することなくカメラに直接アクセスすることができるので、デジタルカメラで撮影した画像をすぐに見たい、パソコンに取り込みたいというユーザーに最適なアプリケーションです。


  • ZoomBrowser 1.1 (for Windows 95/98/NT4.0)
    ZoomBrowserは、大量の画像データの整理や検索を直感的に行なうことを可能にした画像データベースソフトです。ファイリングした画像のサムネイルを全て一画面に表示し、さらにスムーズな拡大・縮小表示により、あたかも机の上にアルバムを広げているような感覚で画像を探したり、整理することができます。


  • PhotoStitch 2.3 (for Windows 95/98/NT4.0) ・ 2.2(for Macintosh)
    PhotoStitchは複数の画像を合成(縫い合わせ)し、パノラマ写真などを作成するソフトウェアです。縦・横それぞれの方向で複数画像の合成が可能なため、高精細な大画像も手軽に作成できます。お手持ちのインクジェットプリンターなどで、A4やA3などの大きなサイズのプリントもお楽しみいただけます。PowerShot A50の持つ『Stitchアシスト機能』を使えば、合成時の重なり具合を確認しながら撮影でき、PC上での合成も自動で行なわれるため、より美しいパノラマ画像が、簡単、スピーディーに作成できます。

    合成したい画像データを選択
    1.合成したい画像データを選択

    順番に合成
    2.順番に合成


  • SlideShowMaker 1.3 (for Windows 95/98/NT4.0) ・ 1.3 (for Macintosh)
    PowerShot A50のスライドショー機能を使って、簡易プレゼンテーションを行なうためのソフトウェアです。
    パソコン上の各種アプリケーションを使って加工・編集した画像を、カメラ側のCFカードに書き戻します。PowerPointのスライドデータもWMF形式やJPEG形式で保存することで、利用できます。
    PowerShot A50のVideo Out端子からモニターやプロジェクターに接続すれば、パソコンレス環境でのプレゼンテーションを行なうことができます。


  • TWAINドライバ (for Windows 95/98/, NT4.0)
    スキャナに代表される画像入力機器の標準的規格である『TWAIN』用のドライバを用意いたしました。これにより、PowerShot A50から直接TWAIN対応アプリケーションにデータを取り込むことが可能になります。新カメラファイルシステムDCF(Design rule for Camera File system)にも対応しています。


  • Adobe Photoshopプラグインモジュール (for Macintosh)
    フォトレタッチソフトとして人気の高いAdobe Photoshop用のプラグインモジュールを用意いたしました。これによりPowerShot A50から直接Photoshop/PhotoDeluxe、また、PixeColor Playerの様なPhotoShopプラグイン対応アプリケーションにデータを取り込むことが可能になります。新カメラファイルシステムDCF(Design rule for Camera File system)にも対応しています。
  [▲TOP]


Copyright Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.