CM EOS 6D Mark II「吉田亮人篇」(30秒)

動画でご紹介

テキストでご紹介

なぜ写真家になったのか。

答えはまだ見つからない。

被写体と向き合い、
シャッターを切ることで、

今日も自問する。

確かなことは、ひとつ。

写真家として

生きていく。

今、

この瞬間を刻む。

バリアングル・フルサイズ
EOS 6D Mark II登場。

make it possible with canon

このページのトップへ