放送/業務用映像機器ポータブルタイプ光学系

ポータブルタイプ光学系一覧

テレサイドコンバーター

製品写真:テレサイドコンバーター
  • レンズ前面にフードを外して取り付けると、1.5倍長焦点側にシフトされます。
  • マスターレンズのFナンバーは変わりません。
  • 至近距離は(テレサイドコンバーターの倍率)2×マスターレンズの至近距離の値に変化します。
  • テレサイドコンバーターを取り付けますと、ワイド側が若干ケラれますご注意ください。

ワイドコンバーター

製品写真:ワイドコンバーター
  • レンズ前面に取り付け、焦点距離をワイド側に0.8倍シフトします。
  • マスターレンズのFナンバーは変わりません。
  • 至近距離は(ワイドコンバーターの倍率)2×マスターレンズの至近距離の値に変化します。

ワイドアタッチメント

製品写真:ワイドアタッチメント
  • レンズの前面に取り付け、簡易的にマスターレンズのワイド端よりさらにワイドな単レンズの機能をさせます。
  • 焦点距離はマスターレンズのワイド側焦点距離×アタッチメントの倍率
  • ピント合わせはマクロレバーで行います。(マクロ機構のないレンズは使用できません)

フィッシュアイアタッチメント

製品写真:フィッシュアイアタッチメント
  • レンズ前面に取り付けたワイドアタッチメントより、よりワイドな魚眼効果を出すために使います。
  • 焦点距離はマスターレンズのワイド側焦点距離の約6割になります。
  • ピント合わせはマクロレバーで行います。(マクロ機構のないレンズは使用できません)

クローズアップレンズ

製品写真:クローズアップレンズ
  • 目的の被写体を近接拡大撮影する場合に使用します

被写界サイズと被写体距離の関係

1.レンズの距離目盛が無限遠の場合
F:レンズの焦点距離
fc:クローズアップレンズの焦点距離
被写体距離=tc
倍率M=f / fc
被写界サイズ=(1/M)×(画面サイズ)
2.レンズの距離目盛が有限の場合
s:レンズの距離目盛
f1:レンズのフォーカシングレンズ焦点距離
被写体距離=tcS / S+fc
m2:クローズアップレンズによる倍率
m3:ズームレンズによる倍率
m2=S / fc +1 m3=f / S-f1
倍率M=m2・m3=(S / fc +1)(f / S-f1)
ただし、繰出量が小さくf1<Sの場合
M=(S / fc +1)f / S
被写界サイズ=(1/M)×(画面サイズ)
各クローズアップレンズの撮像範囲を確認できます。撮像範囲早見表

UVフィルター

製品写真:UVフィルター
  • UVフィルターは無色に近いフィルターで、肉眼では見えない短波長の紫外線をカットします。

クリアフィルター

偏光フィルター

製品写真:偏光フィルター
  • 水面、ガラスなどからの反射光を除去するために使用されるフィルターです。
    フィルターを回転させ、反射光が除去される位置に固定し使用します。

4K放送用ポータブルズームレンズ対応ACC

ワイドアタッチメント「WA75HG」、フィッシュアイアタッチメント「FEA60HG」、クローズアップレンズ「105CL-UP800HG」

新たに4Kポータブルズームレンズ「CJ20e×7.8Bに対応するアクセサリー3製品をHGシリーズとして発売します。
また、現行製品のワイドコンバーター「W80HD」とテレサイドコンバーター「T15HD-II」をHGシリーズに名称変更し、これら2種類を加えたHDTV用・4K用ともに使用可能なHGシリーズ5種類のラインアップにより、ポータブルズームレンズを用いたより多彩な映像表現が可能になります。

撮影効果をさらに広げた多様な映像撮影が可能

広角端でさらに広い画角の撮影ができるワイドアタッチメント“WA75HG”、魚眼レンズのような特殊効果を実現するフィッシュアイアタッチメント“FEA60HG”、被写体の拡大撮影ができるクローズアップレンズ“105CL-UP800HG”です。

現行製品HDシリーズ2種類の製品名称をHGシリーズに名称変更

現行製品のワイドコンバーター「W80HD」、テレサイドコンバーター「T15HD-II」は、HGシリーズとして名称を変更し、“W80HG”、“T15HG”として販売を継続します。


  • 対応機種は「ポータブルレンズ光学系アクセサリー対応表」をご確認ください。

ダウンロード

カタログ名 表紙イメージ ファイルサイズ ダウンロード
ポータブルレンズ光学系
アクセサリー対応表
ポータブルレンズ光学系 アクセサリー対応表 119KB PDF

放送・業務用映像機器導入のご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 イメージングソリューション営業部

電話番号
03-3740-3304
FAX番号
03-3740-3308
住所
〒108-8011 東京都港区港南2-16-6 CANON S TOWER
  • 年末年始弊社休業日は休ませていただきます。
このページのトップへ