1. 金融ソリューショントップ
  2. ソリューション・サービス一覧
  3. (業態共通)金融ソリューション・サービス一覧
  4. 手書きの紙帳票からのデータ入力業務を効率化する「手書きAI OCRソリューション」

手書きの紙帳票からのデータ入力業務を効率化する
「手書きAI OCRソリューション」

銀行における口座振替依頼書、保険契約時の申込書、保険金支払い時の請求書、診断書、各種申込書、アンケートなど、まだ残る手書き記入帳票。手書き文字に対して、キヤノンの画像処理技術とAI技術を組み合せることでOCR精度の向上を実現し、入力作業を効率化。

従来の手書き帳票OCRは、文字を認識する際に筆跡や罫線、傾斜、背景色などがノイズになり実用化が難しいケースが多々ありました。
本ソリューションは、「Rosetta-Stone-Components」の画像補正や文字認識技術により前処理を行い、読み取りやすい画像を作成した上で「Tegaki」を活用し、自動認識が難しい手書き文字をすばやく高精度にデータ化して必要な情報を抽出します。

申込書や診断書に書かれた手書き文字を高精度にOCR化

データ入力業務の変革を促進

金融業界で利用する帳票には、手書きで記載された項目が多く存在します。これまで、紙に機械印字された文字(活字)はOCRソリューションの導入により、スキャナーで読み取った文字を精度高くテキストデータ変換が可能となり、入力作業の効率化が図られていました。ただし、手書き文字については、OCR認識精度が低く、システム化されていませんでした。「手書きAI OCRソリューション」は、キヤノンの画像処理技術とCogent Labs社の独自開発のAI技術を組み合せることで手書き文字のOCR精度を高め、手書き文字の入力作業を効率化するソリューションです。

日本語手書き文字認識にAI技術を応用

「手書きAI OCRソリューション」では、手書きの文字認識処理工程に、AI技術(人工知能)を活用した手書きOCRサービス「Tegaki」(Cogent Labs社)を採用することで、認識精度を向上します。

OCRにAI技術を採用するメリット

金融業務にマッチしたベストなソリューションをご提供

紙からのデータ入力業務を効率化するためには、OCRの高い精度と結果確認・修正機能が非常に重要です。キヤノンが持っているデバイスや画像処理技術を駆使することで、OCRしやすい画像を生成し、OCR精度を最大化します。また、OCR結果を確認・修正する機能に関しては、さまざまな金融機関へ導入した事例を踏まえ、ユーザーの業務にマッチした操作性を提供し、入力の手間と時間の大幅な削減を実現します。

関連情報

「手書きAI OCRソリューション」で使用している、OCRソフトウエア(ライブラリー群)Rosetta-Stone-Componentsの詳しい仕様については、商品ページでご確認ください。

Rosetta-Stone-Components商品概要

本システムの導入のご相談・見積依頼・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 金融営業本部

こちらのシステムの内容について、導入のご相談、お見積、お問い合せを承ります。

電話でのお問い合せ

03-6719-9428

受付時間:平日 9時00分~17時30分
※土日祝日・弊社休業日は休ませていただきます。

メールでのお問い合せ

詳細はこちら

ページトップへ