1. 金融ソリューショントップ
  2. ソリューション・サービス一覧
  3. 生命保険会社向けソリューション・サービス一覧
  4. 健康年齢®OCRサービス

健康年齢®OCRサービス

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のカメラを健康診断書にかざすだけで必要な項目の検査値を自動で抽出。
さらに、健診データやレセプトデータを基に解析し開発された統計モデルで健康状態を解析

「健康年齢®OCRサービス」は、お客さまがスマートフォンやタブレット端末のカメラを健康診断書にかざすだけで必要な項目の検査値を自動で抽出しOCR解析を行って一覧にします。これを、株式会社日本医療データセンター(以下JMDC)が開発した統計モデルに照らし合わせ、健康状態の解析結果をすぐに画面に表示します。健康診断の検査値だけではわかりにくい健康状態をわかりやすくモバイル端末に表示できるサービスです。

その場ですぐにできる「紙からのデータ化」と「データ解析」により
新サービスを実現

従来、健康診断書のような書類からのデータ化は原本を事務センターなどに集めてからパンチ入力をするか、スキャナーなどで電子化し、電子化したイメージから人手でデータ化を行っていました。その後、データ化した情報を活用することになっていたため、活用できるまでにどうしてもタイムラグが発生していました。本サービスは、「リアルタイムでデータ化する機能」と「統計モデルによる瞬時のデータ解析」により、健康状態の解析結果をすぐにタブレット端末上に表示します。これにより、カラダの年齢「健康年齢」と"生活習慣病予備軍"、"隠れメタボ"、"健康体"などの9段階の「健康タイプ」、さらに健康状態に応じてわかりやすい改善の指標と健康アドバイスもすぐに表示されるため、利用者は、日々、楽しみながら健康増進に取り組むことが可能です。

スマートフォンやタブレット端末のカメラを
健康診断書にかざして必要なデータを自動抽出

お客さまがスマートフォンやタブレット端末のカメラを健康診断書にかざすだけで、必要な検査値の項目を自動で抽出します。抽出した内容をその場で確認し、必要な情報だけを取得することができます。さらに、確認の結果、抽出結果に誤りがあった場合も、手入力による修正が可能なため、情報の取得漏れや誤認識による異常値を取得するといったデータの不備もなくします。

抽出した健康診断結果をデータ化し、
お客さまの健康状態を分析・見える化

抽出した健康診断書結果のデータをJMDCが開発した統計モデル「健康年齢®」に照らし合わせ、健康状態の解析結果をすぐにタブレット端末上に表示します。

関連情報

「健康年齢®OCRサービス」で使用している、OCRソフトウエア(ライブラリー群)Rosetta-Stone-Componentsの詳しい仕様については、商品ページでご確認ください。

Rosetta-Stone-Component商品概要 非定型OCR

本システムの導入のご相談・見積依頼・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 金融営業本部

こちらのシステムの内容について、導入のご相談、お見積、お問い合せを承ります。

電話でのお問い合せ

03-6719-9428

受付時間:平日 9時00分~17時30分
※土日祝日・弊社休業日は休ませていただきます。

メールでのお問い合せ

詳細はこちら

ページトップへ