電卓50周年記念サイトキヤノン電卓年表

1964

キヤノンはビジネス機器市場への最初のステップとして、世界初のテンキー式卓上電子計算機キヤノーラ130を発表しました。
信頼性の高い、また誰にでも操作できる、このビジネス用計算機は、世界中のオフィスや工場でまたたくまに受け入れられました。


世界初のテンキー式を搭載した電子式卓上計算機
1968

ICを全面的に採用した電子式卓上計算機
1960年代の機械式からIC式への転換は、電卓ビジネス以外の多くの電子機器企業にも大きな衝撃と技術革新をもたらしました。


ICを全面的に採用した電子式卓上計算機
1970

キヤノン初サーマルプリンター付ポケット電卓
テキサスインスツルメントと技術提携、世界で最初の電池駆動式ポケット電卓を発売。これをきっかけに電卓の小型化が進みました。


キヤノン初サーマルプリンター付ポケット電卓
1974

手のひらサイズパーム8
キヤノン初FTD表示モデル、8桁で基本計算機能を搭載した、手のひらサイズ計算機の登場。
また、LD-81は翌年新しく多色キートップにて発売され、モダンなデザインで市場の注目を集めました。


手のひらサイズパーム8
1986

キヤノン初バブルジェット式プリンター電卓
バブルジェット式プリンター電卓は静かで印字スピードが速く、1980年代に発売されて以来、オフィスで愛用されています。


キヤノン初バブルジェット式プリンター電卓
1993

時計機能搭載電卓
時計機能と計算機をひとつにしたこのモデルは旅行用として人気を博しました。また、ロゴが印刷された限定バージョンは、ワールドカップなどの国際的スポーツイベントを記念して作られました。


時計機能搭載電卓
2002

当時話題を集めたマルチ機能のPCテンキー電卓。卓上型のUSB接続モデルから発売から、今日にかけてワイヤレス、USBHUB付き、カードリーダー付き、マウス機能付きなど、さまざま機能を搭載したモデルが発売されました。


当時話題を集めたマルチ機能のPCテンキー電卓。
2002

億、千、万の大きな桁の数字を一発入力、表示出来る「千万単位」モデルと、原価、売価、粗利率の内2つを入力すると、残りを自動計算出来る「商売計算」モデルをシリーズ化し、実務系ラインアップを充実させました。


実務系シリーズの拡充。
2006

エコロジーへの取り組み
環境配慮型電卓は、キヤノン製品の製造過程で生じるリサイクル材を利用した高水準のリサイクル製品です。社会的責任を担う企業として、環境配慮にも率先して取り組んでいます。


エコロジーへの取り組み
2009

エコとデザインの融合
X Mark Iシリーズは伝統的な電卓のイメージを払拭した、スタイリッシュで洗練されたオフィスプロダクトです。完全ソーラー駆動を実現し、環境にも配慮しています。


エコとデザインの融合
2010

教科書ビューディスプレイの関数電卓。リサイクル材の使用や、抗菌仕様で新しいコンセプトの関数電卓が生まれました。


関数電卓
2011

カラーバリエーション充実のカラフル電卓シリーズ。従来の電卓のイメージを変える新しい色、デザイン電卓が登場しました。菌の繁殖を抑える抗菌仕様も搭載し、女性にも人気のシリーズです。


カラーバリエーション充実のカラフル電卓シリーズ。
2012

ビジネスサポートツール
X Mark I Presenterは、電卓、レーザーポインター、タイマー、プレゼンター機能を持ち合わせたビジネスのさまざまなシーンをサポートする新しいツールです。


新提案のビジネスサポートツール
2013

2つの税計算キーを搭載し、異なる税率を設定変更なしで計算でき、各税込価格の差額計算も出来る電卓です。税率改定時には特に役立つ人気のキヤノン「W税」シリーズです。


W税計算シリーズ
2014

キヤノン電卓フラッグシップモデルKS-2200TGをベースにした限定モデル。
好評につき完売いたしました。


キヤノン電卓50周年
このページのトップへ