コンパクトデジタルカメラPowerShot G1 X Mark Ⅱ操作系・拡張性

あなたの理想に応えるコンパクト G1 X Mark Ⅱ

独創的な設計で、さらに快適な操作感で撮影できる

直感的な操作感が楽しめる「デュアルコントロールリング」

写真:デュアルコントロールリング

人間工学の視点を取り入れ、操作性も追求。新開発デュアルコントロールリングもその一つです。Tv、Av、ISO感度、露出補正、MF時のフォーカス調整などの機能が割り当てられる2つのリングは、操作感、材質に徹底的にこだわりました。「クリックリング」「スムーズリング」それぞれに設定可能な機能を、任意で割り当てることができます。

図:デュアルコントロールリング

微妙なフォーカス調整を行える「フルタイムマニュアルフォーカス」

AF後に、MF状態へと遷移し、微妙なフォーカス調整をスムーズリングで行えます。ピントの合った被写体の輪郭を色付き線で強調するMFピーキングと併用できるため、繊細なフォーカスが要求されるマクロ撮影などに威力を発揮。

図:フルタイムマニュアルフォーカス

構図を快適に決められる「3:2、約104万ドットチルト液晶」

写真:チルト液晶

上側180°/下側45°のチルト液晶を採用。横位置撮影時、光軸に対して常に液晶がずれないため、違和感なく構図が決められます。また一眼レフユーザーに使いやすい3:2の画面は、日中の屋外でも見やすい約104万ドット液晶を採用しました。

タッチでピントが合わせられる「タッチパネル液晶」

写真:タッチパネル液晶

画面をタッチして、AF位置が決められるタッチパネルを採用。画面の測距範囲内であれば、直感的にすばやく的確なピント合わせが可能。さらに、タッチでシャッターを切ることもできます。機能の設定や再生も、もちろんタッチで行えます。また、触った位置の検出精度が高い静電容量方式を採用。2本指を使ったマルチタッチ操作も行えるので、2本指を開いたり、閉じたりして画像の拡大縮小も快適です。

ベストの配置を追求した「ボタンレイアウト」

写真:ボタンレイアウト

ボディー背面のボタンレイアウトは、試作を何度も作り直し検証を繰り返しながら、ベストな配置に。その結果、右側に集中させ、親指と人差し指ですばやいボタンアクセスが可能になりました。

カメラの傾きを高度に検知する「デュアルアクシス電子水準器」

EOSにも使用されている、2軸タイプの水準器を搭載。ロール方向(水平方向)とピッチ方向(あおり方向)の傾きをインジケーター表示で確認できます。基準線が見えにくいシーンでも、安定した構図での撮影が可能です。電子水準器の基本姿勢は、「水平方向」と「あおり方向」それぞれ個別に調整できます。

フラッグシップにふさわしい高級感と操作性を実現

G系の品位を感じる、重厚な「デザイン」

G1 Xシリーズの造形イメージを継承した、シンプルながらも剛性感あるフォルム。ボディーの天面の右肩上がりに流れる造形は、G1 Xを彷彿とさせます。またレンズ周りの質感を高めるデュアルコントロールリングは、シルバーリングとテクスチャーの異なるデザインを採用しています。

写真:デザイン

優れた拡張性で、表現領域はさらに広く、深く

高精細、視界にこだわった「外付け電子ビューファインダー」

写真:外付け電子ビューファンダー

視野率約100%。XGA約236万画素の高精細、外付け電子ビューファインダーを新開発。周辺の“見え”にこだわった3枚のレンズ構成により、快適なフレーミングが行えます。ファインダー部は約90°可動できるため、カメラ上部からでも覗けます。ビューファインダーと液晶モニターの切り替えは、電子ビューファインダー上のボタンで行います。ファインダーを覗くと液晶モニターから、電子ビューファインダーに表示が切り替わるよう設計。また画面のメニュー表示は[撮影画面表示設定]と[表示先切り替え]が可能です。視度調整機能も搭載しています。

ホールド感を高める「カスタムグリップ」

写真:カスタムグリップ

標準装備のグリップを交換して使用できるカスタムグリップ。ホールド性が高いので、しっかりと握れます。

EOS連動アクセサリー

EOSアクセサリーとの高度な連動を実現。多彩なオプションを装着可能です。

アクセサリー例

スピードライト 270EX II
写真:スピードライト 270EX II
スピードライト 430EX III-RT
写真:スピードライト 430EX III-RT
スピードライト 600EX-RT
写真:スピードライト 600EX-RT
スピードライトトランスミッターST-E2
写真:スピードライト トランスミッター ST-E2
リモートスイッチ RS-60E3
写真:リモートスイッチ RS-60E3
レンズフード LH-DC80
写真:レンズフード LH-DC80

G1 X Mark Ⅱ専用のレンズフード。不要な光を防ぎ、フレアやゴーストの発生をしっかり抑えます。

フィルターアダプターFA-DC58E
写真:フィルターアダプターFA-DC58E

G1 X Mark Ⅱのレンズ専用に新たに開発。装着することで、レンズをキズやホコリから守るプロテクトフィルターなど、58mm径フィルターの使用が可能になります。

ストロボ制御

外部ストロボ発光のタイミングや光量調整を液晶画面で操作でき、ストロボ撮影をサポートします。

同調シャッタースピード

ストロボ撮影時、ハイスピードシンクロに設定すれば1/4000秒の高速シャッターで撮影できます。

NDフィルター挿入機構

光量を3段分減光することで、晴天時の屋外でも長時間露光や開放絞りで撮影可能。EOSのフィルターと合わせて使えます。

このページのトップへ