開発者インタビュー

  • 開発・企画
  • レンズ・鏡筒
  • センサー・エンジン
  • デザイン

デザイン 「新しいG」にふさわしい佇まいと操作性へ。

デザイン 総合デザインセンター プロダクト第一デザイン部 主席 近藤 雄二

デザイン 総合デザインセンター プロダクト第一デザイン部 折橋 未耶美

画像:デザイン 「新しいG」にふさわしい佇まいと操作性へ。

PowerShot G1 X MarkIIのデザインコンセプトは?

折橋: Gシリーズはこれまで、PowerShotシリーズの最上位機種としてふさわしい品位や質感、操作感を追求してきましたが、今回のPowerShot G1 X Mark IIでは、新しいユーザーにも手に取って楽しんでもらいたいという思いがあったため、Gシリーズとしての伝統は引き継ぎつつも、より洗練されたイメージをつくり出すことを目指しました。全体としてシンプルなイメージになっていると見受けられるかもしれませんが、単にシンプルなデザインを狙ったのではなく、今回の特徴であるレンズの存在感や緻密さを強調して、デザインにはメリハリをつけました。全体の佇まいとしても、新しいPowerShot G1 Xのポテンシャルを存分に感じていただけるデザインを実現できたと思っています。

近藤: いまプレミアムコンパクトにおけるデザインの一つにクラシックなものを好む潮流もありますが、キヤノンがつくりだす新しいフラッグシップモデルとして、そういった流れとは一線を画したいという思いがありました。その結果、大げさなものでもなく、一方でいわゆるコンパクトカメラにも見えることもなく、非常に良いバランスで伝統的な部分と新しさを共存できたと思います。

操作性については、どのような点を追求したか

折橋: 人間工学的な視点にもとづいて、操作性には強くこだわっています。特に、今回初めて搭載されたデュアルコントロールリングについては最適な操作感、材質を追求していきました。たとえば、クリックリングはレンズの根本をしっかりと持って回せるようにローレットの幅を広くしています。また、前方にあるスムーズリングを操作するときには、後方のリング

を誤って動かしてしまわないように先端にだけローレットを刻んで、二つのリングの間にスペースを確保しています。こうした細かな感覚的な部分を理解したうえで調整していくために、試作を繰り返して何度も改善を重ねていきました。回したときの感覚やリングに刻まれるローレットについても同様に試作を重ね、それぞれに最適なものを選んでいます。これまでの開発のなかでも、これだけの試作を重ねたケースは初めてですね。

近藤: 今回のカメラでは、思う存分に撮影へ集中できる操作系が追求されています。カメラを握っている右手で設定変更をしていくのは難しいですが、空いた左手で操作をすることができれば、ねらった撮影設定やパラメーターへ瞬時に切り替えることができますし、シャッターチャンスへスピーディーに対応できます。デュアルコントロールリングは、こうした背景から生まれた操作系です。特にオプションでEVFを接続できる本機での有効性を考えて、大きな力を注ぎ込みました。
また、レリーズボタンも、よりフィットした感覚が得られるように若干前に傾けるなどの工夫を施していますし、背面に配置したボタンのレイアウトなどのディテールについても、モックを何度もつくり直して検証を重ねていきました。

グリップのカスタマイズができるようになった。

折橋: より多くのユーザーに受け入れられるようなカメラにしたかったので、ユーザーのさまざまな嗜好性や撮影スタイルに合わせてグリップを選択できるような仕様にしました。これによって、これまでにはなかった新しい面白さも感じていただけるのではないかと思います。これまでのGシリーズにはない新しさを意識してデザインしていますので、若いユーザーの方々にも、楽しんで使っていただきたいと思っています。

近藤: PowerShot G1 X Mark IIは、広い撮影領域を持つカメラであるとともに、さまざまなシーンや幅広いユーザーに合うデザインも実現しています。ぜひ、目で愛でて、手で触って、楽しんで、使い倒してほしいですね。

  • 開発・企画
  • レンズ・鏡筒
  • センサー・エンジン
  • デザイン