コンパクトデジタルカメラPowerShot G1 X Mark III高速撮影

撮る刻を切り拓く。 APS-C “G” G1 X Mark III

シャッターチャンスを逃さず、高画質に

瞬間を高精度に捉える「デュアルピクセルCMOS AF」

画面を指で触れた瞬間が写真になる。それがキヤノン独自のデュアルピクセルCMOS AF。キヤノンコンパクトカメラで初めて採用しました。撮像と位相差AFセンサーとの両方の機能を兼ねることで、撮像面の約80%×約80%の広い範囲において測距することが可能です。全画素で撮像することで、高画質も実現。液晶モニターに触れるだけで、画面の中心以外にいる被写体にもすばやくAFを行います。また、大量の撮像情報を余さず活用できるため、暗い室内など光量の少ないシーンも逃さず撮影可能。動画撮影時にも威力を発揮、フォーカス送りもすばやくスムーズ。動く被写体にもなめらかにピントを合わせて記録できます。

イメージ:デュアルピクセルCMOS AFと一般的な位相差AFとの比較
イメージ:デュアルピクセルCMOS AF 位相差AF
イメージ:デュアルピクセルCMOS AF
イメージ:従来のAFでは検出が難しいシーンでも高精度にフォーカス

幅広い被写体やシーンに適切に対応できる「3種のAF方式」

[1点AF]

イメージ:1点AF

1点のAFフレーム内でピントを合わせます。確実なピント合わせに有効です。

顔+追尾優先AF]

イメージ:追尾優先AF

顔を検出すると、オートフォーカスを実行。検出した後は、横顔になっても、顔が動いても自動的に追尾します。DIGIC 7の採用により、すばやく動く被写体へもハイレベルに追尾。測距点は最大で49点。

[スムーズゾーンAF]

イメージ:スムーズゾーンAF

広めのAFエリアで被写体を捉えることが可能。画面内で動く被写体も自分の狙い通りに撮影しやすいAF方式です。

高速記録を可能にする「連写性能」

APS-CサイズのCMOSセンサーの高速信号読み出しにより、さらなる連写性能を達成。AF固定時には最高約9コマ/秒、AF追従時には最高約7コマ/秒を実現しています。高速・高精度なデュアルピクセルCMOS AFと相まって、決定的瞬間をすばやく捉えます。

写真:RAW連続撮影

決定的瞬間をすばやく捉える「高速AF」

図:高速AF

約0.09秒のAFスピードを達成しました。撮りたい瞬間を逃すことなく、高画質に捉えられます。

  • CIPA準拠:AVモード、開放(F2.8)、Single AF[中央1点]、スポット測光)

突然のシャッターチャンスにすばやく反応する「撮影間隔の短縮化」

シャッターボタン操作に対する軽快なレスポンスも、G1 X Mark IIIの大きな進化です。DIGIC 7の処理能力を最大限に活かし、ライブビュー処理と複数の静止画処理を並列で実行可能なシステムを設計しました。約0.6秒の撮影間隔を実現。約1.7秒の起動時間と相まって、突然のシャッターチャンスもしっかりキャッチします。

:図&起動時間の短縮化

ファインダーで撮る、その喜びを深く

快適な視野と操作性を追求した「約236万ドット 有機EL 内蔵EVF」

0.39型の高精細な約236万ドット、有機ELを採用したファインダーを内蔵。解像感はもちろん、より色域が広く、高コントラストな視野を実現しています。ファインダーから見える映像と仕上がりに違和感がないよう徹底的に調整。表示画面の使いやすさも追求しました。EVF内に採用したレンズには、キヤノンの光学技術を導入。周辺部まで高解像な映像を確認しながら快適に撮影することができます。

使いやすさを突き詰めた「ユーザビリティー」

誰にでも、どんなシーンでも撮影しやすいことを目指して。表示画面のユーザビリティーを追求。表示形式や撮影情報表示を、撮影スタイルやシーンに合わせてカスタマイズすることが可能です。視野率約100%、アイポイント約22mm、接眼センサーの採用を実現しています。

イメージ:ユーザビリティー
1.光軸の鉛直線上に配置したEVF
カメラを自然に構えることができるように光軸上にEVFを配置。違和感なく、構図をつくりこむことができます。
2.約100%の視野率
ファインダーに映る領域が、そのまま写真の画角に。ねらった構図通りの撮影をすることができます。
3.アイポイント約22mm
ファインダーと適度な距離を確保できるため、液晶に鼻や頬があたりにくく、撮影に集中することが可能。眼鏡をかけていても、快適に撮影できます。
4.接眼センサー
ファインダーとライブビュー表示はファインダー部のセンサーにより自動で切り替えることができます。

EVFを見ながら、タッチパネルでピントを調整「タッチ&ドラッグAF」

タッチパネルでの操作が、ファインダー内の映像と連動。EVFを見たまま、AF枠を直感的な操作で移動することが可能です。デュアルピクセルCMOS AFの高速・高精度なピント合わせと相まって、快適な撮影を実現します。[1点AF][顔+追尾優先AF][スムーズゾーンAF]のすべてのAF方式に対応。動画撮影時のフォーカス送りにも活躍します。

イメージ:タッチ&ドラッグAF

動きのある被写体の撮影に活躍する、スムーズゾーンAFとのコンビネーション

指定したAF枠を、指で常に動かし続けることが可能。動物や子どもなど、予想外の動きをする被写体を撮影するときに便利です。前ボケや後ろボケの表現を狙うときにも活躍。動画撮影時に、メインの被写体を追いかけていきたいときにも有効です。

イメージ:スムーズゾーンAF

使いやすいよう、自由にカスタマイズ

撮影スタイルやシーンに応じて、柔軟にAF枠の動き方や作動エリアを調整可能。利き手や利き目、手の大きさなどに応じて使いやすいようにカスタマイズして撮影できます。

好みに合わせたAF枠移動

絶対位置

タッチAFのように、フォーカスしたい座標を指で指定。タッチパネルから離した後にAF枠が確定。

イメージ:AF枠 絶対位置

相対位置

指で動かしたベクトル(方向・移動量)に応じて現在の位置からAF枠が移動。

イメージ:AF枠 相対位置

作動エリアのカスタマイズ

全域と同じ比率の1/4は、絶対位置に対応。

イメージ:タッチ&ドラッグAF 自由にカスタマイズ
このページのトップへ