コンパクトデジタルカメラPowerShot G7 X Mark II新映像エンジンDIGIC 7

1.0型の表現力に、革新をもたらすDIGIC 7搭載。“G7 X”第二章、遂に。PowerShot G7 X Mark Ⅱ

高画質と高感度は、さらなる高みへ

高画質化と多機能化を突き詰めた「新映像エンジンDIGIC 7」

画像:DIGIC 7

デジタルカメラのキーパーツ、映像エンジン。低ノイズをはじめとした画質はもちろん、多機能化・高性能化を司る、まさに"頭脳"といえます。いよいよ、第七世代のDIGIC 7を搭載。従来を大幅に上回る処理性能は、画質はもちろん、より強力なブレ補正の実現、さらなる低ノイズ化や追尾・検出性能の高精度化に大きく貢献。さらに、優れた省電力性能による撮影可能枚数の向上や、撮影間隔の短縮など、G7 X Mark IIの全方面進化を可能にしています。

暗いシーンで、手ブレをより強力に抑える「静止画IS 4段分」

これまで採用されてきた、ブレを検知するジャイロセンサーによる光学ISユニットの制御に加え、CMOSセンサーの画像情報からブレ量を判断、除去するアルゴリズムを新開発。[デュアルセンシングIS]を実現しました。角度ブレと画像ブレ、2つの情報を元に、より高精度にISユニットを制御させることで、4段分の補正効果を達成しています。手の震えなどによる細かいブレはもちろん、呼吸時などの体の揺れによるゆっくりとした大きなブレも高度に抑制します。

図:デュアルセンシングIS

図:デュアルセンシングIS G7 X Mark II

図:デュアルセンシングIS G7 X

人物の表情や動き回る動物を高精度に追尾する「追尾性能の進化」

動画:追尾性能の進化

選択した人物の特徴をカメラが認識。より高精度な追尾性能を可能にしました。他の人物と交差するようなシーンや一度フレームアウトして再びフレームインするようなケースでも、しっかりと被写体を追い続けます。さらに、絶えず動き回る動物の撮影時も、威力を発揮。体の向きを変えても、追尾を続けます。液晶の表示タイムラグの大幅な短縮と相まって、すばやく動く被写体のシャッターチャンスを逃さずに捉えられます。

低彩度や背景同系色の被写体も検出する「検出性能の進化」

動画:検出性能の進化

DIGIC 7は、被写体の検出時にエッジなどの情報を活用。AUTOモードでの撮影時における検出性能の飛躍的な進化を達成しました。タッチパネルなどで被写体を指定しなくても、カメラが自動で主被写体を検出します。

夜景や薄暗い室内も、より美しい一枚に仕上げる「高感度時の解像感向上」

ノイズリダクション性能が飛躍的に進化。その性能に定評のあったDIGIC 6と比較して、最大約14倍もの情報量を用いることで、テクスチャーとノイズを高度に判別し、ノイズのみを徹底的に除去。被写体のエッジ部周辺のノイズを低減することで、さらに解像感の高い一枚に描き出します。ISO1600撮影時、DIGIC 6搭載機と比較してISO800と同等レベルのエッジノイズを実現しました。

図:高感度時の解像感向上 G7 X Mark II

図:高感度時の解像感向上 G7 X

風景のディテールを鮮鋭に描く「小絞り時の解像感向上」

絞り込んで撮影したい時に発生することのあった回折現象。解像感を低下させる原因となるこの現象を高度に軽減します。DIGIC 7の高速処理性能により、光学情報を活用した補正を実現しました。風景撮影など、パンフォーカスで写真全体にピントを合わせて細部までよりシャープに描写することが可能です。

図:小絞り時の解像感向上 G7 X Mark II

図:小絞り時の解像感向上 G7 X

適切な明るさとコントラストにする「オートライティングオプティマイザ」

暗い写真を適切な明るさへ、低コントラストの写真はメリハリのある仕上がりへ。卓越した画像処理性能により、キヤノンのコンパクトカメラ初となるオートライティングオプティマイザを実現。逆光時のポートレート撮影など、明暗差の激しいシーンも自然なコントラストと高い解像感で描くことができます。

写真:オートライティングオプティマイザ なしなし

写真:オートライティングオプティマイザ 強め強め

被写体の躍動感をかんたんに表現できる「流し撮りモード」

被写体の躍動感を活かした表現が、気軽に楽しめる撮影モードを新設。カメラのパンニング速度や被写体の進行速度・方向をカメラが瞬時に解析し、シャッタースピードをはじめとして適切な設定に調整。被写体のブレをIS(手ブレ補正機構)で防ぎつつ、背景は流動感を表現した流し撮り写真が手軽に楽しめます。背景の流し効果は、「小/中/大」から、任意に設定することができます。

写真:流し撮りモード 補正効果:なし補正効果:なし

写真:流し撮りモード 補正効果:大補正効果:大

高感度での撮影も美しい

ノイズを徹底的に抑え、ディテールまで鮮明に描く「最高ISO感度12800」

作例:最高ISO感度12800ISO12800

ノイズリダクション性能が大幅に向上した映像エンジンDIGIC 7と1.0型大型CMOSセンサーが連携。ISO感度は125~12800を達成しています。センサーで、光を可能な限りありのままの状態で残し、広ダイナミックレンジを確保しながら、ノイズのみを適切に処理。さらに、DIGIC 7でノイズとディテールを高精度に判別してノイズを徹底的に除去します。高感度で撮影しても高解像感かつノイズの少ない一枚に仕上げられるため、夜や室内といった光量の少ないシーンでも手持ちで高画質に撮影することができます。

“高感度で美しい写真”を支える「HS SYSTEM」

高感度センサーと映像エンジンDIGICの連携により、高感度でも美しく撮れる、HS SYSTEM。夜景や光量の少ない室内でもノイズを抑え、鮮やかに描写。明暗差の大きな場面でも威力を発揮します。

このページのトップへ