週末の港町で、高画質の美しさを実感。画質比較

1.0型の大型センサーは、写真をどう変えるのか。
週末の港町で、センサーの大きさによる画質の違いを見ていきます。

青く澄んだ夜明け[高感度]

漁港に着いたときには、すでに夜が明けはじめていた。
出航した船を見守るように、灯台には暖かな光が灯る。
薄暗くてザラつきやすい、青い世界をクリアに表現できたのは、
G9 X Mark IIだった。

拡大したい部分にマウスを合わせてみてください
  • G9 X Mark II
  • IXY 600F
  • スマートフォン

みずみずしい鮮魚[描写力]

昼前になると、漁船が次々と港に戻ってきた。水揚げされたのは
金目鯛。時間が経つに連れ、赤味はさらに強まるという。
鱗の一枚一枚に、胸びれのしっとりとした艶感。
写真を拡大すると、G9 X Mark IIの高い描写力をさらに実感できた。

拡大したい部分にマウスを合わせてみてください
  • G9 X Mark II
  • IXY 600F
  • スマートフォン

タッチパネル

ピント合わせも、画像の拡大も、
すべてスマホのようにタッチで操作可能。
高画質な写真を、気軽に楽しむことができる。

色を失わない光[ハイダイナミックレンジ]

少し足を伸ばすと、風情ある街並みに出会った。
コントラストが強まる午後、光と影の両方を美しく写すのは容易ではない。
G9 X Mark IIは、影になった扉を克明に描きながらも、
光に照らされた白壁を白トビすることなく描写。漆喰しっくいの質感を失わなかった。

拡大したい部分にマウスを合わせてみてください
  • G9 X Mark II
  • IXY 600F
  • スマートフォン

とろけるような背景[ボケ味]

路地を抜けると、目の前に満開のスイセン畑が広がっていた。
暖かみのある黄と白の配色に、"春を告げる花"のいわれが
わかった気がする。G9 X Mark IIが写し取ったスイセンは、
主役の美しさを引き立てるように、背景が大きくボケていた。

拡大したい部分にマウスを合わせてみてください
  • G9 X Mark II
  • IXY 600F
  • スマートフォン

ケース

カメラをケースに入れて首から提げれば、撮りたいときにサッと構えることが可能。グリップと同じ色を配したこの専用ケースは、スタイリッシュにカメラの携帯性を高めてくれる。

ケースを取り外さなくても、
下にスライドさせることで
バッテリー交換が可能。

なめらかな移ろい[繊細な色表現]

水平線の向こうから、夕焼けが広がりはじめた。
水色から橙色へと移ろいゆく、空の繊細な色調を
G9 X Mark IIは忠実に再現。
なめらかで幻想的な夕暮れを描いた。

拡大したい部分にマウスを合わせてみてください
  • G9 X Mark II
  • IXY 600F
  • スマートフォン

輝きを鮮明に。星空モード

スマホでは
真っ暗になってしまう夜空も、
「星空モード」では星々を
鮮明に写し取れた。

光の軌跡。バルブ撮影

人工光が印象的な場所では、
「バルブ撮影」を。
夜に美しい光の道が
浮かび上がった。

疾走感を出す流し撮り

動きの速い被写体は「流し撮り」で。
このモードを使うと、
難しい設定なしで背景を流し、
スピード感を演出できる。

※ 液晶画面はハメコミ合成です。掲載されている画像例その他の写真類はイメージです。