1.0型大型センサーを、この軽さに。高画質 × 約206g

1.0型CMOSセンサーとは? センサーが大きいほど、写真は高画質になります。

CMOSセンサーCMOSセンサー

  • IXYの約4倍大きいのに軽がる!

    1.0型CMOSセンサー (約116.16mm2)

    G9 X Mark II

  • スマホ※は、これ以下のセンサーサイズ!※2015年発売モデル

    1/2.3型 CMOSセンサー (約28.83mm2)

    IXY 600F

CMOSセンサーは、レンズから入ってきた光を受け止める場所です。
このセンサーが大きいほど、光をたくさん取り込めるので、
画像になる形や色などの情報も増えて、より豊かに描写できるのです。

※ 図のセンサーサイズ(面積)は、実際のサイズをもとに同比率で記載しています。

たとえるなら センサーの大きさは、キャンバスの大きさ。

  • G9 X Mark IIのキャンバス
  • スマートフォンのキャンバス

小さなキャンバスより大きなキャンバスの方がスペースに余裕があるので
緻密に絵を描き込むことができます。小さなキャンバスは一見キレイでも、
同じ大きさに引き伸ばすとその粗さが目立ってしまうのです。

※イメージです

「大型センサー=重い」のイメージを一新! センサーが大きくてもボディーは約206gと軽がる

G9 X Mark II 缶コーヒー 缶コーヒーより軽い!約206g 缶コーヒー 約215g

大きいセンサーを搭載したカメラは、ボディーも大きく、重くなっていくのが一般的です。
でもG9 X Mark IIは、たったの約206g。さらに胸ポケットに収まるスリム感!
これなら、いつでも気軽に高画質と出かけられます。

※一般的なスチール缶コーヒー(185ml)

大型センサーの、5つのベネフィット

G9 X Mark II

G9 X Mark II

01 細部までシャープに描ける

スマートフォン

スマートフォン

G9 X Mark II

G9 X Mark II

02 ズーム時でも高画質をキープ

スマートフォン

スマートフォン

G9 X Mark II

G9 X Mark II

03 暗いシーンでもクリアに写せる

スマートフォン

スマートフォン

G9 X Mark II

G9 X Mark II

04 主役を引き立てるやわらかなボケ

スマートフォン

スマートフォン

G9 X Mark II

G9 X Mark II

05 明るい部分も白トビを抑えて表現

スマートフォン

スマートフォン

※ 液晶画面はハメコミ合成です。掲載されている画像例その他の写真類はイメージです。