• 一覧へ戻る
  • 師岡 清高
    • ギャラリー
    • インプレッション
  • 榎並 悦子
  • 工藤 智道
  • 佐藤 かな子
  • 並木 隆
  • 中西 昭雄

師岡 清高 G7 X

写真:師岡 清高氏

1948年、大阪府生まれ。天野竜一氏、岩宮武二氏に師事。
日本のみならず、パリやロンドン、アムステルダムなど、ヨーロッパの都市を撮影。「閉ざされた記憶」「刻の表出」「うつろう時」などをテーマに、自らの心象風景を写真で表現する。大阪芸術大学芸術学部写真学科教授。日本写真芸術学会、日本写真協会会員。

インプレッション

自分の思い通りに画づくりができる、驚きの表現力を持ったコンパクト。

 
F8.0 1/500sec ISO160

非常に高い解像力を持っているため、遠くから撮影したものでも海の水の質感や波の様子、人々の営みまでもが写し撮れています。大口径のレンズ、大型センサーなど、これほど高性能なものが、コンパクトなボディーに凝縮されていることに驚きです。

F8.0 1/500sec ISO160

これまで私は、作品を撮るのは一眼レフカメラばかりで、コンパクトカメラは、ほとんど使ったことがありませんでした。そのため、旅に出る前は、本当にこのカメラで納得のいく作品が撮れるのか、少し不安を抱いていました。 しかし、旅の初日に撮った写真を見て、その不安は払拭されました。
このPowerShot G7 Xは、コンパクトサイズながら、高いポテンシャルを有していますダイナミックレンジが広いので、明暗差の激しいシーンでも白トビも黒ツブレもせず、階調豊かな表現ができます。さらに、解像力も申し分なく、水や岩肌のディテールといった細部までとてもシャープに描写できて驚きました。
また、撮影をしていて非常に助けられたのがレンズの明るさです。

写真:F3.2 1/100sec ISO800

コンパクトならではの機動性の高さも大きな魅力。いつも持ち歩いて何気ないスナップを撮影するのに最適です。ちょっと気になるシーンがあったときにさっと撮れるし、被写体の自然な姿が写し撮れるのがいいですね。

F3.2 1/100sec ISO800

コンパクトカメラに不慣れなため、手ブレの心配をしていたのですが、F1.8という明るいレンズのおかげで速いシャッター速度が選択でき、暗い場所でも手ブレを気にすることなく撮影に臨めました。
作品をつくる上で重要なのは、自分の価値観を、いかにして見る人に伝えるかです。作品の主題は何か、自分が何に惹かれたのか、それが写真から読み取れなければなりません。PowerShot G7 Xは、開放値がF1.8のため、被写界深度を浅くしてボケを生かし、容易に主題を浮き立たせることができます。しかも、液晶モニターをタッチするだけでピント位置が変えられるので、より簡単に主題を明確にできます。もちろん、ボケ味も非常に美しく、一眼レフカメラと同じ感覚でボケを考慮した画づくりが可能です。
チルト液晶で角度が変えられるのも魅力の一つでしょう。例えば地面スレスレのローアングルでもしっかり構図を決めることができ、納得のいく画づくりができます。
そのため、一眼レフカメラで撮影しているときより、ローアングルの作品が増えました。
私は、旅に出るときは一眼レフカメラを2台持って行くのですが、PowerShot G7 Xをサブ機として使えば、旅がずいぶんラクになると感じました。しかも、自分の思い通りに画づくりができ、クオリティーの高い作品も撮れる。ぜひ、サブ機として、また時には、メイン機として、常に持ち歩きたい一台です。

写真:F1.8 1/125sec ISO100

ホテルのパソコンでゲームをしていた少女の後ろ姿。ダイナミックレンジが広いために、窓から降り注ぐ光も白トビすることなく、優しい光に包まれた雰囲気の作品が撮れました。

F1.8 1/125sec ISO100

pagetop