コンパクトデジタルカメラPowerShot S110三位一体の
高画質

THE WORLD-CLASS COMPACT ポケットサイズに高画質を凝縮した、スタイリッシュ"S" PowerShot S110

センサーとエンジンの連携で、高感度側がさらに拡大

1/1.7型新CMOSセンサー

写真:1/1.7型CMOSセンサーイメージ

EOSで培った技術を最適化し設計したCMOSセンサーが、さらに進化。暗いシーンでも、よりノイズを抑えた描写を実現します。また、最高感度ISO12800での高感度撮影も可能です。

表現力と撮影領域を広げる「ISO12800」

写真:ISO12800作例

従来のコンパクトデジタルカメラの次元を超えるISO12800を達成。新CMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 5の連携をはじめ、センサー内外のレイアウト最適化と回路基板の理想的なパターンを追求。PowerShot S100から、1段分アップしています。暗いシーンでも、ノイズを抑え、被写体の色彩やディテールを忠実に描写。高速AFが相まって、撮影領域が大きく拡大します。

ノイズを繊細に除去し高画質を実現する「DIGIC 5」

写真:DIGIC 5イメージ

新CMOSセンサーからの情報を受け止めるのは、映像エンジンDIGIC 5。2つの連携により、優れた高感度画質のHS SYSTEMを実現しました。センサー側でノイズ低減処理された情報を、DIGIC 5がキャッチし、さらに高度なノイズリダクション処理を実行。一つひとつの画像に合わせて適切な処理を行うため、解像感を損なわずにノイズを低減します。

高感度・高画質をもたらす「HS SYSTEM」

ノイズを抑えてすっきりとした画面

ディテールを残しながら、ノイズを巧みに除去。平らな面のある被写体や、首の下などの人肌に目立ちやすいノイズに効果を発揮します。

写真:ノイズを抑えてすっきりとした画面作例

広ダイナミックレンジを実現

光の明暗差が大きなシーンでも、白とび・黒つぶれを抑え、繊細に描き出します。

写真:白とびや黒つぶれを防ぎ、自然な明るさの作例

エリアごとに補正する「マルチエリアホワイトバランス」

画像を多くのエリアに分割し、各領域の色情報から光源の種類を判別して色を再現。フラッシュ撮影時や水銀灯下の撮影に有効です。

写真:水銀灯補正ON時作例

決定的瞬間により強くなった、高速AF&高速連写

動く被写体を的確にとらえる「高速AF」

オートフォーカスのスピードが進化。従来機※1と比べて、ワイド端で約29%(撮影タイムラグ約38%)もの時間短縮に成功しました。動きのある被写体やシーンも高精度にとらえます。

図:高速AFの比較図

フル画素でも高速連写が可能な「ハイスピード連写HQ」

写真:ハイスピード連写HQ作例

現像を撮影後にまとめて行うことで連写を高速化。約1210万画素のフル画素で、最大約10コマ/秒の撮影が可能です。逃したくない決定的瞬間を高画質でとらえることができます。ドライブモードは、通常連写/AF連写から選択できます。

進化した高性能レンズが、明るく鮮明に描く

夜間や室内での撮影に強い、進化した「F2.0キヤノンレンズ」

F2.0レンズなら、多くの光を瞬時に取り込め、光が少ない場所でも被写体ブレを抑えてくっきり撮影できます。またPowerShot S110は、2.0という広角端のF値を維持しながら、小型化に成功したレンズを採用。厚さ26.9mmというスリムボディーに貢献しています。

写真:F2.0キヤノンレンズ作例

表現の幅が広がる「光学5倍ズーム&広角24mm」

写真:5.0倍ズーム作例

遠くの被写体に迫れる光学5倍ズーム(24-120mm)を搭載。ワイドな画角で撮れる広角24mmと合わせて、被写体や撮影シーンごとに幅広い写真表現が楽しめます。

  • 35mmフィルム換算。

10倍のズームが可能「プログレッシブファインズーム」

デジタルズームがさらに進化。画像処理技術の進化により、光学ズームの対応倍率を超えたデジタルズーム領域でも高い解像感を保ったまま最大値から約2倍※1のズームが可能です。より遠くの被写体に美しく迫れます。

写真:プログレッシブファインズーム
図:プログレッシブファインズームの領域表

「デジタルテレコン」

F値を小さく抑えた状態で倍率を上げることができ、高速シャッターで手ブレを抑えられます。倍率は約1.5倍と約2.0倍を選択可能です。

コンパクトデジタルカメラ 共通特長

キヤノンのコンパクトデジタルカメラに共通した商品特長をご紹介します。

このページのトップへ