スペシャルサイト 絶景時間 by G7 X Mark IIスペシャルサイト 絶景時間 by G7 X Mark II

PowerShot G7 X Mark II

旅にG7 X Mark IIの理由 手持ちで撮れる絶景

旅にG7 X Mark IIの理由 カメラとスマホの比較

G7 X Mark II 特長紹介

旅にG7 X Mark IIの理由

カメラの画質を比較で検証カメラの画質を比較で検証

デジタルカメラのキーパーツ、映像エンジン。低ノイズをはじめとした画質はもちろん、多機能化・高性能化を司る、まさに頭脳といえます。
いよいよ、第七世代のDIGIC 7を搭載。従来を大幅に上回る処理性能で、G7 X Mark IIの多彩な進化に貢献しています。

新映像エンジンDIGIC 7が実現した進化の数々。新映像エンジンDIGIC 7が実現した進化の数々。

写真家による G7 X MarkIIの魅力解説ムービー

静止画IS 4段分

角度ブレとシフトブレ、2つの情報による[デュアルセンシングIS]を実現。暗いシーンでもより強力なブレ補正が可能に。※ 静止画のみ。CIPA準拠。

追尾性能の向上

選択した人物の特長をカメラが認識。絶えず動き回る動物の撮影時も、被写体のフレームアウトを防いで撮影可能。

検出性能の向上

AUTOモードでの撮影時における検出性能の飛躍的な進化を達成。低彩度や背景同系色の被写体も高精度に検出。

好感度時の解像感向上

DIGIC 6と比較して最大14倍もの情報量で、ノイズリダクションを実行。高感度撮影時の解像感向上を実現。※ G7 X Mark IIと同レンズ・同センサーのDIGIC 6搭載機種との比較において
(ISO3200以下)。

小絞り時の高解像度

回折現象を、光学情報を活用して高度に補正。小絞り時のさらなる解像感の向上を達成し、細部までシャープな描写が可能に。

流し撮りモード

パンニング速度や被写体の進行速度・方向をカメラが瞬時に解析し、適切な設定に。躍動感を活かした表現が気軽に撮影可能。

オートライティングオプティマイザ

適切な明るさとコントラストへ。キヤノンのコンパクトカメラ初となるオートライティングオプティマイザを実現。

写真家による魅力解説ムービー カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+」。2016年のトークショーで語られたG7 X Mark IIのインプレッションをご覧いただけます。写真家による魅力解説ムービー

榎並悦子写真プロフィール

北海道、オーストラリア、長崎へ。オート性能の進化やチルト液晶の利便性、連写性能、水中撮影の楽しさなど、旅先での一期一会を美しく残せるG7 X Mark IIの多彩な魅力を解説。

前半

後半

工藤智道写真プロフィール

絶景を求めて、兵庫県へ。優れた描写力を中心に、旅先で出会った星空の撮影やピクチャースタイルの活用方法など、絶景を美しく切りとるG7 X Mark IIの魅力を解説。

前半

後半

G7 X MarkIIの詳しい機能・特長紹介はこちらへ

榎並悦子

榎並悦子

国内外を問わず旅することが大好きで、「一期一会」の出会いを大切に、人物や自然、風習、高齢化問題など幅広いフィールドをしなやかな視線でとらえ続けている。
写真展に、パリの街角をモノクロでとらえた「Paris−刻の面影−」、高齢化率日本一の町を取材した「日本一の長寿郷」など多数開催。

工藤智道

工藤智道

1969年、神奈川県生まれ。
日本写真芸術専門学校卒業後、竹内敏信氏のアシスタントを経て独立。
日本各地の自然風景写真を撮影し、写真専門誌などで多くの作品を発表。撮影テックの記事執筆やフォトコンテストの審査員、写真教室の講師も多く勤める。EOS学園東京校講師、(社)日本写真家協会会員。