スペシャルサイト 絶景時間 by G7 X Mark IIスペシャルサイト 絶景時間 by G7 X Mark II

PowerShot G7 X Mark II

開発者インタビュー開発者インタビュー

イメージコミュニケーション事業本部 ICP 第三開発センター 室長 八巻英明

イメージコミュニケーション事業本部 ICP 第三事業部 坂上佳和

高画質と小型化の極限バランス“G7 X”高画質と小型化の極限バランス“G7 X”

「G シリーズにおけるG7 X Mark IIの位置づけは?」

商企 坂上Gシリーズは画質と操作性を徹底的に追求したプレミアムシリーズです。1.0型以上の大型センサーを搭載し、レンズやエンジンはもちろん、デザインに至るまで、いまキヤノンが持つ力をすべて注ぎ込んで、「撮るよろこび」と「持つよろこび」を追求しています。そのなかでもG7 Xラインは「高画質をポケットサイズに」をコンセプトに、コンパクトデジタルカメラならではのサイズ感と、高画質、高性能のベストバランスを高い次元で両立させたモデルです。「小型サイズで、ここまで高画質で写し出せる」というプレミアムコンパクトの醍醐味を存分に味わっていただける、Gシリーズの中核にあたるラインですね。

チーフ 八巻その進化版が、G7 X Mark IIです。レンズ一体型というコンパクトカメラならではの構造を生かし、センサーとレンズを最適化させることで、EOSに迫るほどの画質とコンパクトなサイズ感の絶妙なバランスを高次元で実現することができました。

DIGIC 7を中心に、全方面進化を実現DIGIC 7を中心に、全方面進化を実現

「G7 Xからの進化点は?」

商企 坂上ユーザーの皆さまからのフィードバックもふまえ、あらゆる方面から進化を遂げていますが、最大のトピックスは新エンジンDIGIC 7の搭載ですね。これによって画質はもちろん、検出追尾性能や手ブレ補正性能も向上していますし、「流し撮り」といった新しい撮影機能も充実しています。

チーフ 八巻そうですね。そして、これにはレンズとセンサーの力も大きいんです。4.2倍の光学ズームを搭載したF1.8(W)-F2.8(T)レンズや1.0型センサーは、G7 XやG5 Xで搭載してきましたが、それぞれ非常によくできた傑作です。さらに、これまでの搭載実績で培った細かなチューニングなどのノウハウが蓄積されていますから、DIGIC 7の高い性能を引き出しながら、小型化と高画質のベストバランスを果たすためには、まさにベストマッチングの設計でした。

商企 坂上また、今回のG7 X Mark IIではEOSユーザーの皆さまにはおなじみの、ピクチャースタイルやカメラ内RAW現像を搭載できたことも、大きい点ではないでしょうか。他にもグリップの搭載やコントローラーリングのクリック/スムーズ切り換えやUSB充電対応など、操作性や利便性でも大きな進化を遂げています。

日々のシャッターチャンスを広げるオールラウンダー日々のシャッターチャンスを広げるオールラウンダー

「G7 X Mark II の魅力とは?」

商企 坂上コンパクトなボディーだからこそ、いつでもどこでも持ち運んで、1台でさまざまなシーンに対応することができる。そんなオールラウンドさこそが一番の魅力だと思っています。ふだんから持ち歩く機会が増えるほど、さまざまなシャッターチャンスに出会う可能性が広がるわけですよね。だからこそ、明るいレンズと1.0型大型センサーの連携による美しいボケ味を活かしたスナップ撮影や、暗いシーンでの高感度撮影、絞り込んでの風景撮影など幅広い状況にも対応し、一眼ユーザーの方も満足できるほどの画質で撮影できることが重要です。さらには、画質だけではなく、バッテリーの持続時間も長くなければ、せっかくのチャンスを不意にしてしまうかもしれませんし、操作性や反応速度も速くなければ、シャッターチャンスにすばやく対応できません。G7 X Mark IIではこれらすべての性能が進化し、コンパクトデジタルカメラとして、より高い水準に高めることができました。EOSのサブ機としても、スマートフォンやスタンダードなコンパクトデジタルカメラからのステップアップとしても頼もしい、高画質と機動性を兼ね備えたオールラウンドなカメラだと思います。