スマホやタブレット端末に送る。

閉じる

ベストショットを、スマホやタブレット端末へ。Wi-Fi対応カメラで、撮ったその場で友だちに送信。

夜景も笑顔も逆光シーンも。
とっておきのシーンをキレイに残せる、キヤノンのカメラ。
Wi-Fi対応モデルなら、
スマートフォンやタブレット端末へすぐにその場で
写真や動画が送れます。
送った後は、
友だちにメールで送ったり、
FacebookやTwitterで公開したり。
撮影後の楽しみ方が広がります。

01 シーンや使い方に合わせて選べる、3つの接続パターン。

  • Case1 スマートフォンでカメラ内の画像をチェック・チョイス。スマートフォンから、カメラ内の画像を取り込めます。(Pull送信)
  • Case2 カメラからスマートフォンに画像を送信。カメラ内の画像をスマートフォンで保存できます。(Push送信)
  • スマートフォン側からカメラの画像を取り込む方法(Pull送信)
  • カメラからスマートフォンへ画像を送る方法(Push送信)

02 スマートフォン・タブレット端末とダイレクトでつながる。カメラアクセスポイントモード。

アクセスポイントとは、電波の中継をする装置のこと。カメラ本体に簡易アクセスポイントを搭載することで、Wi-Fi通信の仕組みが用意されていない場所や屋外でも、スマートフォンやタブレット端末に画像を送れます。

※ IXY 1、IXY 420Fはカメラアクセスポイントモードに対応していません。

03 スピーディーに、かんたんに、スマホと接続。

ワンタッチスマホボタンを押して、
スマートフォンの「CameraWindow」を起動するだけで、すぐに接続完了。
接続後は、スマートフォンの操作だけで画像の閲覧、送信が楽しめます。
終了するときは、スマートフォンからカメラの電源をオフ。
カメラをバッグにしまったままでも、快適に操作できます。

  • Step1 ワンタッチ スマホボタンを押す。
  • Step2 「CameraWindow」を起動。
  • ワンタッチスマホボタンとスマートフォンの接続方法

※ 対応機種:PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、IXY 630、PowerShot N100、PowerShot N

※ スマートフォンの登録は、事前にスマートフォン側に「CameraWindow」をインストールし、カメラのニックネームを登録する必要があります。

※ スマートフォンとの接続中は、カメラの操作はできません。

04 アイコンをかざして、スピーディーに接続。

カメラとAndroid端末の接続が、さらにスムーズに。
ワンタッチスマホボタンを押してから、
カメラと端末のNFCアイコンをタッチして、かんたんに接続完了。
また、CameraWindowがインストールされていない場合は、
端末にダウンロードサイトが表示。
そのまま、スムーズにアプリケーションをダウンロードすることができます。

※ Android™ OS 4.0未満は非サポート、また、Felicaのみの端末は対応しておりません。

※ 対応機種:PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、IXY 630、PowerShot N100

05 楽しさ広がる、アプリが充実。

カメラとスマホを接続。「CameraWindow」

インストールすることで、
カメラからスマートフォンやタブレット端末への画像送信や、
スマートフォンからの画像の取り込みが楽しめるようになります。
App Store/Google play™から無料でダウンロードできます。

※ App Store/Google play™に接続する際の通信費はお客さまのご負担となります。

スマートフォン用ソフトウエアへ

AndroidTMスマートフォン・タブレット端末での動画の再生。「Movie Converter」

MOV形式で記録された動画をMP4形式に変換するアプリケーション。
Android™端末での動画再生・編集、
SNSでのシェアが楽しめるようになりました。


※ PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot G16、PowerShot S120、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、IXY 630、PowerShot N100、PowerShot SX280 HSは、MP4動画での記録が可能なため変換の必要はありません。

スマートフォン用ソフトウエアへ

FacebookやTwitterで公開する。

閉じる

カメラから、SNSにアップロード。Wi-Fi対応カメラなら、シェアもかんたん。

思い出の写真や動画がたくさん撮れたら、
カメラからFacebookやTwitterへ。
パソコンとの接続や、
SDカードをカードリーダーで
読み込む必要がなく、
撮ったその場で友だちとシェアできます。

01 カメラから直接FacebookやTwitterで共有。

CANON iMAGE GATEWAYを経由して、
カメラからSNSへのアップやメールでの送信が行なえます。
CANON iMAGE GATEWAYへの登録は無料です。

カメラからアップ

CANON iMAGE GATEWAYへ

はじめに、Webサービスのセッティングも

Webサービスのセッティングも、かんたん。

付属ソフトウエア「CameraWindow」をインストールしたパソコンとカメラをUSBケーブルでつないで、設定が行なえます。

CANON iMAGE GATEWAYの設定がさらに快適!

オンラインアルバムが楽しめるキヤノンユーザー専用サイト、CANON iMAGE GATEWAYとの連携設定がかんたんに。パソコンやスマートフォンにアプリケーションをダウンロードしなくても、カメラとウェブブラウザーのみで設定できます。そのまま、FacebookやTwitterなどのWebサービスの登録や設定変更をすることも可能です。

※ 対応機種:PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot G16、PowerShot S120、PowerShot S200、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、PowerShot SX510 HS、IXY 630、PowerShot N100、IXY 620F

アプリレスによる設定方法

02 スマートフォンやパソコンにWi-Fiで送れば、アップもかんたん!

  • スマートフォンからアップ
  • パソコンからアップ

SNSへのアップ方法

03 家族や友人との共有がらくらく。公開範囲を設定することも。

Facebookの公開範囲の設定やグループ投稿に対応。
特定の友だちやグループだけに画像を公開するなど、
シチュエーションに合わせて画像の投稿方法が選択できます。

※ PowerShot S110、IXY 430F、IXY 420F、IXY 1は、カメラに複数のグループを登録することはできません。CameraWindow(PC版)であらかじめ投稿したいグループを1つだけ設定しておく必要があります。

04 カメラからの画像投稿時に、コメント入力が可能。

FacebookやTwitterなどのSNSへの画像投稿時、コメントを追加することができます。
PowerShot G1 X Mark Ⅱなどでは、
ASCIIコード(半角英数字)や日本語を含めた7言語に対応しています。

Twitter(半角80文字+URL)

Facebook(半角120文字+URL)

電子メール、YouTube(半角120文字)

Flickr[無償会員](半角120文字)

ASCIIコード(半角英数字)のみ対応機種:PowerShot S200、PowerShot SX600 HS、PowerShot SX510 HS、IXY 630、PowerShot SX280 HS、IXY 620F、IXY 110F、IXY 100F、PowerShot A3500 IS、IXY 610F、PowerShot N

ワイヤレスでプリントする。

閉じる

カメラから、ワイヤレスプリント。Wi-Fi対応カメラで、プリンターと無線でリンク。

「PictBridge(USB and Wireless LAN)」に対応した
カメラとプリンターなら、
パソコンの起動もケーブルでつなぐ必要もないので、
写真のプリントがかんたん。
友だちや家族にプレゼントしたり、
部屋にいつも飾っておけたり、
写真をもっと楽しめます。

01 ケーブルなしで、手軽にプリント。

無線でプリントできる「PictBridge
(USB and Wireless LAN)」に対応。
ケーブルで接続する必要がありません。
Wi-Fi対応のプリンターと接続するだけで、
シンプル・手軽にプリントが楽しめます。

プリンターへの送信方法

※ IXY 1、IXY 420Fは対応していません。

※「PictBridge(USB and Wireless LAN)」は、「DPS over IP」の規格に対応しています。

パソコンへ送る。

閉じる

カメラからパソコンへ、ダイレクトで画像を転送。大量の写真も、管理や整理がらくらく。

ケーブルで接続することなく、ワイヤレスでパソコンと接続。
お気に入りの写真がたくさん撮れたときも、
パソコンでの画像管理や整理が快適に行えます。

01 パソコンへの画像送信が、ワイヤレスでスムーズ

アクセスポイントがあれば、USBケーブルで接続することなく、カメラからダイレクトでパソコンに画像を送れます。

カメラの画像をパソコンに取り込む方法

02 かんたんな操作で、パソコンとクラウドに画像を転送。

カメラから、パソコンとCANON iMAGE GATEWAY、Webサービスに画像を自動で転送可能。家族や友人との共有はもちろん、大切な画像の管理やバックアップもかんたん、便利に行えます。「クラウドシンクロ」なら、パソコンのネットワーク・起動状況※1によって適切な経路で画像を転送。パソコンが起動しているときは、サーバーを経由することなく、スピーディーにパソコンに画像を転送し、CANON iMAGE GATEWAYのオンラインアルバムやFlickrに自動で画像をアップロードすることもできます。パソコンが起動していないときは、CANON iMAGE GATEWAY のサーバーに画像を一時的に保存。パソコンを起動した際に、自動で画像が転送されます。ワンタッチスマホボタンを搭載している機種なら、操作もらくらく、スピーディーに接続できます。

※1 同一ネットワーク上に転送先として設定したパソコンが起動している場合に限り、サーバーを経由しないパソコン直接高速転送に対応します。パソコンには専用アプリケーション「Image Transfer Utility」のインストールが必要です。

※ 事前にCANON iMAGE GATEWAYへの登録(無料)が必要です。

※ サーバー(CIG)を経由しての、転送画像の容量制限は128GBまでです。画像は30日で削除されます。

パソコンとクラウドに送信

※ PowerShot G1 X Mark Ⅱは、パソコンとGoogle DriveへのRAW画像送信に対応しています。

●クラウドシンクロ対応機種
PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot G16、PowerShot S120、PowerShot S200、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、PowerShot SX510 HS、IXY 630、PowerShot N100、IXY 620F

●サーバー経由による画像転送のみに対応している機種(②の転送方法)
PowerShot SX280 HS、IXY 110F、IXY 100F、PowerShot A3500 IS、
IXY 610F、PowerShot N

  • クラウドシンクロの設定方法
  • サーバー経由による画像転送方法

03 お気に入りの写真を、かんたんに管理・公開。

友だちや家族に見せたい写真がたくさん撮れたら、
キヤノンのオンラインアルバムCANON iMAGE GATEWAYへ。
無料で10GBまでの画像保存が可能なので、
高画質の写真や動画を公開できます。
管理するだけでなく、
友だちや家族と一緒にアルバムを作れるなど、使い方はいろいろ。
カメラから直接アップできるので、撮った後すぐに共有できます。

CANON iMAGE GATEWAYへのアップ方法

CANON iMAGE GATEWAYへ

ImageBrowser EXで、画像の編集・管理を快適に。

「ImageBrowser EX」で、
画像の編集・管理を快適に。

画像の取り込みや、編集、管理などがかんたんにできる付属のソフトウエア「ImageBrowser EX」。撮影日ごとの自動分類をはじめ、管理機能が充実。写真や動画の編集も備えた、便利なソフトウエアです。

同梱ソフトウエアへ

もっとWi-Fiを使いこなす。

閉じる

GPSとの連携やオンラインアルバムへのアップなど、キヤノンのWi-Fi対応カメラなら、便利がたくさん。

たとえば、旅行の写真に位置情報を記録する。
カメラから、メールで友達に画像を送る。
Wi-Fi対応カメラには、思わず使ってみたくなる、
うれしい機能がまだまだいっぱいです。

01 スマートフォン・タブレットでリモート撮影

CameraWindowをインストールすることで、
スマートフォンやタブレットを使って、
カメラから離れて撮影することが可能に。
ズームやストロボ、セルフタイマーなどの設定も行えます。
家族や友人との集合撮影や、野生動物の撮影などに便利な機能です。

※ CameraWindow v1.4の機能です。

※ リモート撮影された画像はスマートフォン・タブレットには保存されません。別途アプリケーションで転送・保存してください。

※ 対応機種:PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、IXY 630、PowerShot N100

01 GPSモバイルリンクで、位置情報もしっかり記録。

お使いのスマートフォンのGPSロガーを起動して撮影を行えば、
撮影時の位置情報を写真に付加することができます。

  • Case1 スマートフォンに内蔵されているアプリケーションで、位置情報を確認できます。
  • Case2 パソコンに保存後、付属ソフトウエア「Map Utility」で地図上に表示することで、パソコン上で位置情報を確認することができます。※地図表示にはGoogleマップを使用しています。

GPSモバイルリンクの設定方法

※ IXY 1、IXY 420Fは対応していません。

※「CameraWindow」をインストールした機器にGPS非搭載の場合は使用できません。

※ 地図表示にはGoogle マップを使用しています。

02 Wi-Fi対応カメラ同士で、画像を送受信。

撮ったその場で、友だちや家族と写真や動画を共有。
キヤノンのWi-Fi対応カメラ同士なら、
写真や動画をもらったり、あげたりすることができます。
ダイレクトで通信できるので、
アクセスポイントがない場所でも画像の送受信が可能です。

カメラへの転送方法

04 タッチ操作でらくらく送信。タッチアクション。

タッチパネルのドラッグ操作だけで、最後に接続した接続先にカメラが自動で接続してくれる便利な機能です。カメラ、スマートフォン、パソコン、Webサービスで設定することができます。

タッチパネルのドラッグ操作だけで、最後に接続した接続先にカメラが自動で接続してくれる便利な機能です。カメラ、スマートフォン、パソコン、Webサービスで設定することができます。
※ タッチパネル搭載機種のみ。

05 よく使う機器に、かんたんに接続。

接続先の履歴を3件まで表示するWi-Fi履歴メニュー。
よく使うスマートフォンやタブレット端末に、スムーズにアクセスできます。

履歴メニューによる接続方法

※ 対応機種:PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot G16、PowerShot S120、PowerShot S200、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、PowerShot SX510 HS、IXY 630、PowerShot N100、PowerShot SX280 HS、IXY 620F、IXY 110F、IXY 100F、PowerShot A3500 IS、IXY 610F、PowerShot N

※ カメラやアプリケーションのバージョンによって、表示画面が異なる場合があります。

そもそもWi-Fiって何?
Wi-Fiとは、無線LAN機器同士の接続方式の一つのことです。
この仕組みを利用することで、カメラとパソコン、カメラとスマートフォンなど、
ケーブルレスでさまざまな機器とのデータの送受信が可能になります。
カメラのWi-Fiって、何ができるの?
スマートフォンやパソコンに画像を送れるだけでなく、
SNSへのアップやワイヤレスプリントなど、キヤノンなら楽しみ方いろいろ。
各サービスについては、サイト内のコンテンツをご覧ください。
プロバイダーとの契約は必要?
不要です。また、Wi-Fiサービスをご利用の上でかかる費用はありません。
※ CANON iMAGE GATEWAYをお使いいただく際のプロバイダーとの接続料金、およびプロバイダーのアクセスポイントへの通信料金は別途かかります。
※「 CameraWindow」は無料でダウンロードできますが、App Store/Google Play™へ接続する際の通信費はお客さまのご負担となります。
スマートフォン・タブレットに画像を送るには?
まず、お使いのスマートフォンに「CameraWindow (for iOS/for Android™)」をインストール。
カメラの画像を取り込み、保存・転送するだけでなく、GPS機能やリモート撮影も楽しめる、
多彩なアプリケーションです。
送信方法については、スマートフォン側から操作する場合はこちら
カメラ側から操作する場合はこちらの動画をご覧ください。
SNSやE-mailで画像を送った場合、どのように表示されるの?
各送信先により異なります。
Flickr・Google Drive[画像のみ]
ツイッター・E-mail[オンラインアルバムのURLのみ]
Facebook[画像またはオンラインアルバムのリンク]
※ CANON iMAGE GATEWAYで設定していただきます。
ワイヤレスプリントで設定できる印刷設定は?
印刷枚数の設定や、トリミング、用紙サイズ、レイアウトなど、
USBケーブルでプリンターと接続した場合と同じように設定できます。
ワイヤレスプリントの使用方法については、こちらの動画をご覧ください。
位置情報を確認するにはどうしたらいいの?
パソコンに保存後、付属ソフトウエア「Map Utility」で地図上に表示することで、
位置情報を確認できます。
また、スマートフォンに内蔵されているアプリケーションで確認することもできます。
GPSモバイルリンクの使用方法については、こちらの動画をご覧ください。
カメラに送ったんだけど、画像が保存できないときは?
送信先のカメラのカードの容量が不足している可能性があります。
画像を整理するか、容量の空きがあるカードに交換してから、再度送信してください。
カメラからカメラに画像を送る方法については、こちらの動画をご覧ください。
E-mailの送信先は何件まで登録できるの?
カメラに登録できるのは、20件までです。
E-mailで画像を送る方法については、こちらの動画をご覧ください。
接続が切断されちゃうんだけど?
電波状態が悪くなるため、電子レンジやBluetoothなど、
2,4GHz帯の周波数を使用する機器の近くでは使用しないでください。
また、メモリーカード内に大量の画像(約1000枚)が保存されていると、
接続が中断することがあります。
対応機種は?
PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot G16、PowerShot S120、PowerShot S200、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、PowerShot SX510 HS、IXY 630、PowerShot N100、PowerShot SX280 HS、IXY 620F、IXY 110F、IXY 100F、PowerShot A3500 IS、PowerShot S110、IXY 610F、IXY 1、IXY 430F、IXY 420F、PowerShot NがWi-Fiに対応しています。
対応している機能については、機種別対応機能一覧をご覧ください。
※ 2014年2月現在
Webサービスの設定ってどうやるの?
「①事前にCANON iMAGE GATEWAYへの登録」、
「②お使いのパソコンへ付属のソフトウエアCameraWindowのインストール」、
「③カメラの設定」が必要です。カメラの設定については、こちらの動画をご覧ください。
なお、PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot G16、PowerShot S120、PowerShot S200、PowerShot SX700 HS、PowerShot SX600 HS、PowerShot SX510 HS、IXY 630、PowerShot N100、IXY 620Fの場合は、カメラとウェブブラウザーのみでCANON iMAGE GATEWAYやSNSなどとの設定を行えます。こちらの動画をご覧ください。
クラウドシンクロって、パソコンの電源がオフのときでも使えるの?
パソコンの電源オフ時に画像を転送した場合は、
CANON iMAGE GATEWAYのサーバー上に保存され、
次回パソコンの電源をオンにした際に自動で画像が転送されます。
クラウドシンクロによる画像転送方法は、こちらの動画をご覧ください。
サーバー経由による画像転送のみに対応している機種の設定方法は、こちらの動画をご覧ください。
接続先の履歴は、何件まで表示できるの?
3件まで、最新の接続先を表示可能です。
設定メニューから、履歴メニューを表示しない設定も選択できます。
履歴接続による画像の転送方法は、こちらの動画をご覧ください。
ワンタッチスマホボタンって、どうやって設定するの?
まず、事前にスマートフォンに「CameraWindow」をインストールし、
カメラのニックネームを登録してください。
その後、カメラにスマートフォンを登録してください。
一度登録すれば、次回からはワンタッチスマホボタンと、
スマートフォンの「CameraWindow」の操作で、スピーディーに接続が行えます。
設定方法や操作方法は、こちらの動画をご覧ください。
CANON iMAGE GATEWAYに登録するには?
パソコンなどからインターネットに接続し、
www.imagegateway.net にアクセスして会員登録を行ってください。
CANON iMAGE GATEWAYへの画像のアップ方法については、こちらの動画をご覧ください。
タッチアクションで接続できる接続先は?
カメラ、スマートフォン、パソコン、Webサービスなどと接続することができます。
タッチアクションの操作方法は、こちらの動画をご覧ください。
パソコンに画像を取り込むには?
「①Wi-Fi接続をするためのパソコンの設定」、
「②カメラとパソコンの設定」、
「③お使いのパソコンへ付属のソフトウエアCameraWindowのインストール」が必要です。
パソコンで画像を取り込むための設定方法は、こちらの動画をご覧ください。
閉じる
このページのトップへ