Flash Work EOS/EOS DIGITAL + SPEEDLITE
E-TTLIIテクノロジー
メカニズム
ハイスピードシンクロ
ワイヤレス多灯
スローシンクロ
FEロック
多彩な機能
マクロ撮影
ライティングテクニック
機能一覧
用語解説
トップページへ
イオスのトップページへ
メカニズム
ハイレベルな調光テクニックは、もうプロだけのものではない。
写真:スピードライト580EX使用
スピードライト580EX使用   EF35mm F1.4L USM・1/200・F5.6
作例研究
写真:ストロボ不使用(評価測光で撮影)
ストロボ不使用(評価測光で撮影)
写真:ストロボ不使用(スポット測光で撮影)
ストロボ不使用(スポット測光で撮影)
スポット測光で撮影した場合、被写体は確かに明るくなるものの、ディテールはまだ不鮮明。しかも屋外は露出オーバーとなり、せっかくの古都の雰囲気が表現できません。 この極端な輝度差を埋め、エンゼルと広場をともにフルオートで写し撮れたのは(メインカット)、E-TTLII自動調光システムの力です。
プロの「光のテクニック」をフルオートで再現。
背景の反射物などに影響されず、被写体を適正露出にする。背景の露出を変えることなく、主被写体だけを持ち上げる。 外部ストロボを活用することで、写真表現の幅は大きく広がります。 そのための露出や調光テクニックをフルオートで実現するのが、スピードライトEXシリーズです。 EOSに装着時、レンズの焦点距離、露出制御モード、調光絞り数値などの情報をスピードライトとカメラが共有、一体システムとして作動。 シャッターを切るだけで、高度な外部ストロボ撮影が楽しめます。 写真:ストロボ使用
写真:ストロボ未使用
被写体と背景の自然なバランス。E-TTLII自動調光システム
E-TTLIIは、キヤノンが生み出した先進の自動調光システムです。 定常光を測光するEOSの多分割測光センサーを、自動調光にも活用。 測距点を考慮しつつ、定常光プリ発光による測光結果を比較、メイン発光量を決定します。 背景と被写体をともに適正露出で、きわめてナチュラルに描写することが可能です。 さらに、レンズの距離情報も加味することで、高反射物を背景にしたときに起こりがちな露出アンダーも大幅に低減。 さまざまなシーンで高精度かつ安定した自動調光を実現します。
ストロボ撮影でも安定した色再現性。色温度情報通信機能
EOS DIGITALに装着時、スピードライトEXシリーズはストロボ光の色温度情報をカメラに伝達。 その情報をもとに、カメラ側はホワイトバランスを適切に制御します。 ホワイトバランスモードがオートまたはストロボ使用モード時に有効です。
センサーサイズと連動した最適配光。画面サイズ対応ズーム制御機能
EOS DIGITALに搭載されるCMOSセンサーは、APS-C、APS-H、35mmフルサイズの3タイプがあります。 同じ焦点距離のレンズでも、センサーサイズによって画角は異なります。 スピードライトEXシリーズは、カメラから画面サイズのデータを取得。 実際の有効撮影画角にあった適切な照射角となるよう、自動でズーム。 必要な範囲のみに最適配光するため、光量やバッテリーのロスがありません。
 ハイスピードシンクロのページへ
ページトップへ
このページのトップへ