Flash Work EOS/EOS DIGITAL + SPEEDLITE
E-TTLIIテクノロジー
多彩な機能
マクロ撮影
リングライト
ツインライト
ワイヤレス多灯
左右光量比制御
ライティングテクニック
機能一覧
用語解説
トップページへ
イオスのトップページへ
リングライト
影を消す。陰影をつくる。光が、マクロの表現力を拡大する。
写真:マクロリングライトMR-14EX Ⅱ使用
マクロリングライトMR-14EX Ⅱ使用   EF-S60mm F2.8マクロ USM・1/60・F11
接写に力を発揮する無影ライティング。マクロリングライト
写真:スピードライト600EX-RT 使用
スピードライト600EX-RT 使用
写真:マクロリングライトMR-14EX Ⅱ
マクロリングライトMR-14EX Ⅱ
被写体をまんべんなく照らし出すためには、被写体の正面からストロボ光をあてるのが基本です。しかし、カメラの上部に装着するクリップオンタイプのストロボで接写を行うと、被写体が近すぎるため光が斜めにあたってしまい、画面下部が暗くなったり、影ができたりすることがあります。
それに対してマクロリングライトMR-14EX Ⅱは、発光部をレンズ先端に取り付けて使用するマクロ専用ストロボ。至近距離から撮影しても、画面全体にムラなく光を照射することができます。また、被写体に対して上下左右方向から光を照射するため、気になる影が生じません。花や昆虫、宝石やお菓子など。マクロの世界を手軽に、美しく表現できます。
光のバランスを調整し、イメージ通りの写真に。光量比調整
マクロリングライトの発光部は、2灯式。1灯のみを単独発光させたり、2灯の光量比を調整することで、被写体の陰影と立体感をコントロールすることが可能です。
また、モデリング発光により、撮影前に影のでき方を確認することもできます。他のスピードライトEXシリーズ同様、ハイスピードシンクロFEロックに対応。さらに、スレーブ設定されたストロボをコントロールできる、ワイヤレス多灯制御機能も搭載しています。
写真:左:右を8:1で発光
左:右を8:1で発光
写真:左:右を1:8で発光
左:右を1:8で発光
 
  ツインライトのページへ
ページトップへ
このページのトップへ