Flash Work/EOS + SPEEDLITE
TOPストロボリモコン撮影 ストロボリモコン体験
キヤノンはなんと、ストロボにシャッターボタンをつけてしまいました!
キヤノンはストロボ(※1)にリモコンのシャッターボタン(※2)をつけました。
このボタンを使い、手に持ったストロボで被写体に自由な角度から光を当ててリモコン撮影することができます。 これによって、今までプロしか撮れなかったようなストロボライティング表現に、簡単にトライできるようになりました。
※1 SPEEDLITE 270EX II  ※2 正式名称「リモートレリーズボタン」
リモートレリーズボタン
ストロボは手持ちで自由に! 左から発光 後ろから発光
左後ろから発光 内蔵ストロボから発光
実際に体験してみよう!
ストロボリモコン体験!
ストロボリモコン撮影の手順
1
EOS Kiss X5の場合
カメラのメニューから、「内蔵ストロボ機能設定」を選び、左のように設定します。
EOS 7D/60Dの場合
メニューから、「ストロボ制御」→「内蔵ストロボ機能制御」を選び、
左のように設定します。
※内蔵ストロボのポップアップも忘れずに。
2
ストロボのスイッチをSLAVE(スレーブ)に。
3
カメラに向けてストロボのリモートレリーズボタンを押します。
※ストロボとカメラのの間に障害物がないことを確かめてください。
4
ボタンを押してから2秒以内に、光をあてたい場所でストロボを構えます。
5
2秒後、カメラのシャッターが切れ、ストロボが発光します。
このページのトップへ