パーソナル向けスキャナーキヤノスキャンは環境に配慮した設計をしています省エネ

経済的に使えるキヤノスキャン。さまざまな環境規制に対応するだけでなく、機能面でも省エネ、省資源、環境保護、経済性に貢献しています。

消費電力の大幅削減

CanoScanシリーズは、省エネを推進しています。 CanoScan 9000F Mark IIの場合、一日あたりの消費電力量は、CanoScan 8800F(2007年モデル)比で約45%の削減を達成しています。

図:グラフ:CanoScan 8800Fと9000F Mark IIの1日あたりの消費電力量の比較・白熱灯イメージ

高輝度白色LEDによる低消費電力設計

CanoScan 9000F Mark IIでは、光源に白色LEDを採用することで、従来の蛍光ランプに必要であったスキャン後10分間のランプ点灯を不要にし、すぐに待機モードに移行、低消費電力を実現しました。さらに従来の蛍光ランプで必要なウォームアップも不要となり、スキャンがすぐに開始できます。

高輝度白色LED

独自のLIDE技術による低消費電力設計

LIDE

LiDEシリーズでは、キヤノン独自のLIDE技術により、小型・低消費電力のRGB3色LEDを光源に採用、さらに読み取り部のカラーコンタクトイメージセンサー(CIS)と光学レンズをユニットとして一体化する事で、本体を大幅に小型軽量化、電源アダプター不要のワンプラグスキャンを実現しました。

独自のLIDE技術

このキヤノン独自のLIDE技術により、CanoScan LiDE 220では、一日あたりの消費電力量が約11.4Whと、少ない電力で稼働します。

白熱灯イメージ

また、光源のRGB3色LEDは電源投入後、すぐに安定した光量が得られるので、ウォームアップ不要ですぐにスキャンが開始できます。

ACアダプター不要のワンプラグスキャンで省電力

USBワンプラグ

LiDEシリーズは、USBバスパワー対応の省電力設計。同梱のUSBケーブルでパソコンと接続すればすぐにスキャンがスタートできます。

USBバスパワー対応の省電力設計

機種別対応一覧

 

白色LED RGB3色LED ワンプラグ
スキャン
ウォームアップレス LIDE USBワンプラグスキャン
CanoScan 9000F Mark II    
LiDE 220  
このページのトップへ