カラーカードプリンター居宅・訪問介護身分証と名刺の内製化でコスト削減と個人情報の保護を両立

居宅・訪問介護身分証と名刺の内製化でコスト削減と個人情報の保護を両立

介護事業が活発になっている中、サービス利用者が安心して訪問介護の提供を受けられるよう、介護訪問の際に身分証の携帯をすすめる都道府県が増えています。

訪問介護事業者様(ケアマネージャー、ホームヘルパー含む)より「品位がある身分証や名刺を欲しいときにすぐに作成したい」「個人情報だから外注は躊躇するがどうすれば良いか」などの相談が増えています。忙しくて身分証や名刺の作成は後回しになるというのが現状ではないでしょうか。

キヤノンカードプリンターは、そんな忙しい事業者様にご利用頂ける身分証テンプレートをご用意しており、身分証や名刺作成の効率化、外注コスト削減や個人情報漏えいの防止に貢献します。

身分証の携行に関する基準省令について

厚生労働省令「指定居宅サービスなどの事業の人員、設備および運営に関する基準」では、介護保険法の規定に基づき下記の通り基準が設けられています。

第十八条 指定訪問介護事業者は、訪問介護員などに身分を証する書類を携行させ、初回訪問時および利用者又はその家族から求められたときは、これを提示すべき旨を指導しなければならない。

この規定は、指定訪問入浴介護事業者、指定訪問看護事業者、指定訪問リハビリテーション事業者、指定居宅療養管理指導事業者、指定福祉用具貸与事業者、指定特定福祉用具販売事業者にも準用されています。また、介護予防の事業者に対しても同じ基準が適用されています。

居宅・訪問介護身分証の作成なら、キヤノンカードプリンター

居宅・訪問介護身分証(プラスチックカード)も名刺(紙)も印刷可能

CX-G2400は名刺などの紙と専用プラスチックカードに印刷可能。居宅・訪問介護身分証、社員証、資格証や修了証カードといった高級感が求められるカードも、1台で印刷可能です。

オンデマンドで1枚からすぐに出力、セキュリティーも強化

カラーカードプリンターなら納期も大幅に短縮。たとえば「名刺をきらしてしまい、すぐに補充したい」、「居宅・訪問介護身分証をすぐに作成したい」。CX-G2400なら必要な枚数をその場でプリントできるので、ビジネスチャンスを逃しません。また、全工程を社内で作成することで機密情報流出のリスクが少なくなり、セキュリティー強化にもつながります。

図:オンデマンドで納期を短縮、セキュリティーも強化

名刺作成コストの大幅削減にも貢献

名刺を外注する場合、印刷コストは一般的に100枚あたり約1,200円かかります。キヤノンのカラーカードプリンターで内製化すれば、インク代、用紙代を合わせても大幅なコスト削減を実現できます。

図:コスト削減グラフ

キヤノン カードプリンターなら、簡単2ステップ作成!

(1)年賀状ソフトのように、データベースから選択し、印刷 (2)プラスチックカードまたは紙をセットしておけば50枚/分の速度で印刷 (3)完成

関連商品

今なら、プリントサンプル無料プレゼント実施中!名刺、カード、ハガキ、封筒プリントセットとお役立ち資料印字品位の確認にぜひご活用ください
サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。
このページのトップへ