導入事例|株式会社フィフティ・ファースト

優れたコストパフォーマンスが、格安な名刺のセールスを可能にした。 株式会社フィフティ・ファースト(広告制作業) 企業の売り上げアップのためのコンサルティングを含め、幅広い広告制作を行う。

オフセットや活版印刷に負けないクオリティの高さ


「お客さまも名刺の仕上がりに満足しています。」と話す山本さん。

「お客さまのリクエストが、このサービスのスタートだったんですよ。」と語るのは名刺プリントサービス“ぷりんと博士”の事業部長の山本吾一さん。フィフティ・ファーストの主な仕事は広告全般の企画・デザインおよび売上アップの相談だが、あるときお客さまから「名刺はつくれないの?」と言われたことから、すぐに事業の立ち上げを決めたという。
「オフセットや活版印刷の名刺を使っている会社でも『もっと安くできます!』と売り込めば必ず振り向いてくれると思いました。」と山本さん。しかし名刺をプリンターでつくることに企業の不安はなかったのだろうか。「サンプルを持っていけば仕上がりの良さに9割の会社が納得してくれます。」
“ビジネスとして通用するクオリティ”と認めたのは、意外にも名刺を見慣れている企業だった。

破格の“800円名刺”

格安名刺で企業のコスト削減に貢献


「デザインの技術を活かして、完成度の高い名刺を作成している。

“ぷりんと博士”が全国に75店舗のフランチャイズ展開をするまでに成長した最大のポイントはセールスフレーズにもなっている“800円名刺”だろう。名刺プリントサービスとしては破格の値段だが採算はとれているのか尋ねてみた。
「カラー印刷や写真を入れたりすると値段は変わりますが、基本的に800円で採算はとれています。やはり商売道具のおかげでしょうかね。」と山本さんは笑う。「導入時には昇華型プリンターも検討しましたが、カッティングの手間などもコストに影響しますし総合的に見てもキヤノンのカードプリンターが最適でした。」一般的な企業が名刺の作成にかけるコストは100枚あたり2,000円から3,000円だ。“ぷりんと博士”の場合、その半額以下の800円。年間にすると会社が減らせるコストは相当なものだろう。「会社が自分でプリントすればもっと安くできる。しかし貴重な人材をプリント業務に従事させなければならない。わが社は会社が人材を有効に使えるよう名刺プリントを代行しているんです。」と山本さんは熱く語った。

DMや封筒なども気軽につくれる

“ぷりんと博士”では名刺のほかにもハガキや封筒、DMもプリントしているという。
「もともとデザインを専門に行っている会社ですから、あとはプリンターの使い方ひとつで何でも作成できるんです。」一度依頼を受けたお客さまのデータはきちんと管理しておき、リピートの際に迅速に対応できるようにしているという。

これからは“ぷりんと博士”のようなカードプリンターを使ったオンデマンドビジネスが増えるのではないかという気がした。

実証:カラーカードプリンターでこれだけコスト削減できました。オフセット印刷や活版印刷で名刺を作成した場合、通常100枚あたり2,000円以上の作成費がかかる。“ぷりんと博士”の場合、キヤノンのカラーカードプリンターを利用しているため販売価格はわずか800円。この低価格は企業にとっても大きな魅力になっている。

導入をご検討中のお客さま

メールでのお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
スモールフォーマットデバイス企画課

カードプリンターの導入についてお問い合せを受け付けております。
名刺印刷のコスト削減をはじめ、法人のお客さまからの導入に関することから、
お見積もり、リースのことなどお気軽にお問い合せください。

お問い合せ


カラーカードプリンター

  • 製品カタログ
  • お問い合せ
このページのトップへ