カードプリンターCX-G2400特長

CX-G2400

名刺・長尺紙への印刷からプラスチックカード※まで幅広く対応

CX-G2400は名刺用紙やスタンプカードなどに使いやすい長尺紙に加え、専用プラスチックカードへの対応も実現。社員証、資格証や修了証カードといった高級感が求められるカードも、1台で印刷可能です。

名刺(用紙種類/名刺)

名刺(用紙種類/名刺)

スタンプカード(用紙種類/長尺紙)

スタンプカード(用紙種類/長尺紙)

技能講習修了証・社員証・学生証・資格証(プラスチックカード/シール紙)

社員証シール紙
学生証 ・社員証(用紙種類/プラスチックカード)
技能講習修了証

診察券(プラスチックカード/シール紙

診察券(プラスチックカード/シール紙)

プラスチックカードの作成コストを削減

高品位な社員証や学生証などをより低コストで作成可能。

たとえば、プラスチックカードで社員証(表面カラー、裏面モノクロ印刷)を作成した場合、キヤノンのカードプリンターならインク代、メディア代を合わせて1枚約82円で作成可能。下の表のように、外注した場合はもちろん、一般的なプラスチックカード専用プリンターと比べても、より低コストで作成することができます。

表:プラスチックカードの作成コストを削減

名刺1枚0.3円~の低インクコスト

外注コストを大幅に削減

図:コスト削減グラフ

CX-G2400はインクジェット方式で、必要なときに必要な分だけ、低コストでスピーディーに印刷。カードプリンターのメリットを進化させ、さらなる経済性を実現しました。たとえば名刺を外注する場合、印刷コストは一般的に100枚あたり約1,200円※1かかります。CX-G2400で内製化すれば、インク代は1枚0.3円~、用紙代含めても片面フルカラーで1枚約3円、100枚なら300円※2で作成可能に。また、名刺を外注した場合に必要な、送料や版下制作料も掛かりません。外注コストを大幅に削減できます。

経済的な各色独立型インクタンク

写真:CX-G2400インク交換

BK/C/M/Y各色14.5mlの各色独立型インクカートリッッジを採用。使い切ったインクカートリッジのみを交換するため、各色一体型に比べ、コストや交換頻度を減らすことができます。

  • プリントヘッドの品質を維持するため、使用済みインクタンク内には使用できないインクが残ります。

インクジェット方式だから、熱転写方式より低コスト

「インクジェット方式」は、一度に用紙と同じ長さのインクリボンを消費する「熱転写インクリボン方式」に比べ、インクを効率的に使えます。

図:インクジェット方式だから、熱転写方式より低コスト

紙もプラスチックも名刺サイズ50枚/分の高速出力

ライン印刷方式で、急なプリント要求にもスピーディーに対応

図:ライン印刷方式

キヤノン独自の2.1インチライン型プリントヘッドにより、紙とプラスチックの両メディアにおいて、名刺サイズで50枚/分の高速フルカラー出力を実現。一般的なインクジェットプリンターがプリントヘッドを左右に往復させて印刷(シリアル方式)するのに対し、ライン方式では幅の広いプリントヘッドが固定され、用紙だけが動くので、きわめて高速でのプリントが可能です。また、ファーストプリント優先モードで、1枚目をより速く印刷できます。(名刺:7秒以下)

オンデマンドで1枚からすぐに出力、セキュリティーも強化

カードプリンターを導入すれば、納期も大幅に短縮。たとえば「名刺をきらしてしまい、すぐに補充したい」、「プラスチックメディアを活用したお客さまの会員証などをその場でお渡ししたい」。CX-G2400なら必要な枚数をその場でプリントできるので、ビジネスチャンスを逃しません。また、全工程を社内で作成することで機密情報流出のリスクが少なくなり、セキュリティー強化にもつながります。

図:オンデマンドで納期を短縮、セキュリティーも強化

断裁の手間がかかりません。

写真:カットされた用紙にダイレクトにプリント

名刺やカードなど、あらかじめカットされた用紙にダイレクトにプリントするので、印刷後に断裁するための手間がかかりません。カットする場合に起こりやすい「印字ズレ」の心配もありません。

小さな文字も美しい、解像度1200dpi

画像:小さな文字も美しい、解像度1200dpi

CX-G2400は、解像度1200dpiを実現。名刺でよく使われる極小文字もシャープに印字可能です。また、高発色な染料インクの採用によって中間色の再現性が大幅に向上し、より美しく滑らかなグラデーション表現も可能にしています。

新採用のマイクロマージン技術でほぼフチなし印刷を実現

用紙フチ部分の余白はわずか0.3mm

CX-G2400は、印刷時に用紙のフチから0.3mmまで印刷できるマイクロマージン技術を新採用。人の目にほぼフチなしと見えるまでの精度の高い印刷を可能にしています。

図:マイクロマージン技術

用紙セットやメンテナンスも簡単

用紙は給紙トレイにそのまま置くだけ。名刺用紙で最大250枚のセットが可能です。またCX-G2400は、用紙を水平搬送する構造により、反りの発生を抑えながら印刷できます。プラスチックメディア、特厚紙に印刷する際は用紙レバーを下げ、固定することで安定した用紙搬送が可能になります。

写真:用紙のセット
用紙のセット
写真:水平搬送
水平搬送
写真:インクカートリッジ交換
インクカートリッジの交換
写真:メンテナンスカートリッジのセット
メンテナンスカートリッジの交換
写真:用紙レバー
用紙レバー

「1枚排紙モード」で、カウンターでの発行業務をスムーズ&確実に

画像:1枚排紙モード OFF(排出)ON(排出口停止)

1枚排紙モードにすれば、プリントされた会員証やチケットを排紙口で1枚ずつ停止することができます。1枚ずつ確認しながら発行できるので、誤配布の防止にもつながります。

専用デザインソフトをオプションでご用意

簡単操作と多機能を兼ね備えたデザイン作成ソフト「ImageCreate SE」をオプションでご用意

画像:ImageCreate SE

簡単操作で名刺・カードのデザイン作成から、データベースと連携した差し込み印刷、運用管理までをサポートするCX-G4400、CX-G2400専用ソフトウエア「ImageCreate SE」をオプションでご用意しています。

カウンタートップにも狭いスペースにも置きやすいコンパクトボディー

操作部は前面と左右のみのため壁にぴったりと付けて設置可能

CX-G2400の奥行きはわずか180mm。幅、高さも従来に比べ大幅なコンパクト化を実現しているため、カウンタートップやデスク上の狭いスペースでも置きやすく、使いやすく設計されています。また、背面は操作部などがまったくないシンプルな構造のため、壁にぴったりとつけて設置することができます。

コンパクトボディー

高速インターフェースを標準搭載

使用環境に合わせて選択可能

写真:高速インターフェース

インターフェースには、1ギガビット/秒のデータ送信が可能な「1000Base-T」と「USB2.0」を標準搭載しています。

このページのトップへ