カードプリンターインクジェット対応ICカード FeliCa Lite-S版特長

インクジェット対応ICカードをキヤノンカードプリンターで印刷することで、下記のメリットがあります。

カラー片面分速50枚の高速出力で、社員証や学生証の大量発行の負担を軽減

枚数(分) CX-G2400:50枚、昇華型方式:2.4枚

昇華型方式のプリンターと比較し約20倍、分速50枚※1の高速出力を実現。
また、ファーストプリントも約7秒※2のため、ICカードの再発行時や即時発行時も待たせません。

  • ※1 キヤノンカードプリンターCX-G2400において、固定データを印刷する場合。
  • ※2 CX-G2400の印刷速度。CX-G6400の場合は、約10秒。
  • 昇華型方式はニスカIDカードプリンターPRシリーズとの比較。

優れたコストパフォーマンス

インクコスト(枚) CX-G2400:約2円~、昇華型方式:50~70円

ICカード1枚のインク代は約2円※1から。昇華型方式の約25分の1の低コストを実現しています。

  • ※1 キヤノンの標準ICカードサンプルの印刷時。「インクジェット対応ICカード FeliCa Lite-S」使用時。
  • 昇華型方式はニスカIDカードプリンターPRシリーズとの比較。

情報漏えい防止とシンプルな運用を実現

使用済みインクリボンが発生しないインクジェット印刷方式でのICカード印刷を実現。使用済みインクリボンに残る個人情報の漏えいを防止します。また、インクリボンの廃棄処理が不要で廃棄コストの削減も可能です。

熱転写インクリボン方式:氏名や住所など追記された個人情報がインクリボンに残る インクジェット方式:氏名や住所など追記された個人情報がカード以外に残らない

ICカードに加え、名刺などの紙の印刷もたった1台で対応可能

左上:社員証(ICカード) 右上:入館証(プラスチックカード) 左下:名刺(紙) 右下:携帯カレンダー(紙)

昇華型方式のプリンターは、ICカードやプラスチックカードのみにしか印刷できません。キヤノンカードプリンターなら、ICカードに加え、名刺などの紙印刷にも対応可能。
社員証や学生証などのICカードの印刷が減る閑散期でも、名刺印刷などを行い機器の稼働効率を上げることで、投資対効果が大幅に向上します。

インク交換もカードのセットも特別な技術や気遣いは不要

左:インクの交換 右:メディアのセット

インク交換は、家庭用インクジェットプリンターの感覚でかんたんに作業可能。カードのセットも、皮脂や埃に気を使う昇華型方式と比較し、それほど気を使う必要がありません。

解像度1200dpiの高精細印刷

上:1200dpi(インクジェット方式) 下:300dpi(昇華型方式)

解像度1200dpiの高精細印刷を実現。ICカード印刷で使用される極小文字や写真、バーコードなどを高精細に印刷可能です。

ICカードの活用シーン

入退管理:テナントビル、自社ビル 勤怠・出欠管理:働き方改革の一貫、勤怠の正確な把握 印刷・コピー管理:複合機やプリンターのIC認証、システム連携 PC管理:2要素認証の導入 会員・ポイント管理:エンゲージメント向上、囲い込み その他、図書館の貸出管理など
今ならICカードの無料サンプルプレゼント実施中! ご利用中の勤怠システムなどの各種システムの動作確認用としてもご利用可能です。
このページのトップへ