カラーカードプリンター社員証をICカードにしたい!FeliCaシールでIC運用を手軽に低コストで作成する方法

社員証をICカードにしたい!FeliCaシールでIC運用を手軽に低コストで作成する方法

「働き方改革」のもと、厚生労働省が提唱する『ワーク・ライフ・バランス』推進に注目が集まる中、労働時間の適切な管理のため、ICカードを導入する企業が増えています。
社員証のICカード化は、FeliCaやMifareカードを使用しますが、メディア自体が比較的高価になりがちです。高価なカードタイプではなく、FeliCaシールを活用する方法もあります。
ここでは、FeliCaシールで社員証をIC化することで、手軽に低コストで実現する方法をご紹介します。

社員証のICカード化を検討する際、よくあるご要望・課題

FeliCaシールで社員証をIC化する3つのメリット

FeliCaシールをプラスチックカードの裏面に貼付けることで、社員証のIC化を手軽に低コストで実現できます。

社員証(表面)→ 社員証(裏面)FeliCaシールを貼付け
ICカードより低コスト
FeliCa Standardカードはセキュリティー性や拡張性が高い分、比較的高価になりがちです。セキュリティーや機能を最低限に抑えたFeliCa Lite-Sのシールタイプなら、低コストでの運用が可能です。
将来的な拡張にも柔軟に対応可能
勤怠システムや複合機の印刷管理との連携でIC運用を考えている場合でも、FeliCaシールを活用すれば柔軟にIC化を図ることができます。
既存資産を活用可能
プラスチックカードや紙タイプの社員証をすでに利用中の場合でも、FeliCaシールを裏面に貼り付けることで、リーダライタと非接触で通信することが可能になります。既存の資産を活用し、手軽にIC運用をはじめることができます。

FeliCaシールの使い方

1. 年賀状ソフトのように、データベースから選択し印刷 2. プラスチックカード表面に社員証を印刷 3. プラスチックカードの裏面にFelicaシールを貼り付ける

FeliCaシールのIC運用例

FeliCaLite-Sシールには、固有のIDmがあります。各システムがIDm認証に対応していれば、IDmを認証テーブルへ登録することで連携が可能です。

勤怠管理/印刷・コピー管理/キャビネット管理

関連商品

今なら、プリントサンプル無料プレゼント実施中!名刺、カード、ハガキ、封筒プリントセットとお役立ち資料印字品位の確認にぜひご活用ください
サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。
このページのトップへ