カードプリンター名刺制作&オンライン受発注システムBizCardシリーズ

BizCard Pro / BizCard Web

BizCardシリーズは、1000名以上の企業でも名刺の内製化、受発注の効率化を実現できるシステムです。BizCard Proは人手のかかっていたオペレーション作業を自動化。また、BizCard Webはオンラインにおける名刺受発注を実現します。

BizCard Pro

印刷の専門知識がなくても短時間に大量の作成が可能な名刺制作システム

画像:BizCard Pro

BizCard Proは、管理者(総務部門)のプリプレス工程を自動組版に置き換える名刺制作システムです。「自動組版システム」により、人手のかかっていたオペレーション作業を自動化。印刷の専門知識をもたないオペレーターでも短時間に大量の制作が可能となります。

BizCard Proの主な機能

  • パターン作成機能で刺テンプレートを自動組版化
  • 直接入力、または外部データ取込による名刺データ作成
  • 受注メール受信時に名刺データを取込み、そのまま印刷可能 ※BizCard WEBとの連携の場合
  • 名刺に特化した面付け設定・印字設定によるプリント出力
  • カテゴリー管理・企業管理・社員管理など多項目に対応したマスタ管理
  • その他便利な処理機能:検索機能、項目置換機能、印刷履歴表示
  • 名刺データのインポート・エクスポート(CSV形式、BizCard WEB用形式)
  • 字取り設定の作成・指定

BizCard Web

管理業務を簡素化するインターネット受発注システム

画像:BizCard Web

BizCard Webは、インターネット上で、名刺の変更・校正・印刷発注までを社員が自分で行うことができる名刺受発注システムです。管理者(総務部門)にとっては、校正のやりとりが不要で注文データの管理業務が簡素化されるため業務効率化につながります。発注データは管理者(総務部門)に自動転送され、BizCard Proからカードプリンターに出力することが可能です。

BizCard Webの主な機能

  • ニーズに合わせた専用注文サイト構築
  • 複数の利用者(社員)を登録可能
  • 社員がウェブ上で自分の名刺の作成・校正・注文
  • Web上でプレビュー確認
  • 企業内の申請・承認フロー構築
  • ユーザーごとにアクセス権限、発注権限などを設定
  • 申請&発注完了後、注文内容の確認メール送信
  • 受注データを受信してそのまま出力可能
  • BizCard Webは、自社内にWebサーバーを立てて運用するパターン、またはエイシス社のASPサービスを利用するパターンで運用可能です。

BizCardシリーズで管理部門の負担軽減

図:シンプルなワークフローで管理部門の負担軽減。

社員からWebで名刺発注を受ける場合

イラスト:社員からWebで名刺発注を受ける場合

特例子会社や企業内印刷部門で印刷業務を請け負う場合

図

特例子会社や企業内印刷部門で「名刺作成業務」用のプリンターとして、名刺・はがき・封筒印刷専用のキヤノンカードプリンターが活躍しています。キヤノンは、複合機から名刺専用プリンターまで、さまざまな印刷業務の課題に対応できる幅広いラインアップで提案・サポート致します。

BizCard Pro環境対応表

BizCard Pro ver.3(2016年6月現在の最新版)動作環境

CPU1Ghz以上のIntel Pentium/Celeronファミリ、AMD K6/Athlon/Duronファミリまたは互換性のあるCPU
RAM512MB以上(2GB以上を推奨)
OSWindows 7 / 8 / 10
  • いずれも32ビットまたは64ビットの日本語版のみ
ハードディスクインストール時には1GB以上の空き容量が必要
VGA1024×768以上の解像度、256色以上
ディスクドライブCD-ROM以上
データベースMicrosoft SQL Server Express Edition(無償版)

名刺出力に必要なもの

プリンターキヤノンカードプリンター
フォントWindows用TrueTypeまたはOpenTypeフォント

BizCard Web環境対応表(WEBサーバー運用の場合)

BizCard Web ver.4(2016年6月現在の最新版)動作環境

CPU1GHz以上(推奨:2Ghz以上)のIntel Xeon/Pentium/Celeronファミリ、AMD Athlon/Opteron ファミリまたは互換性のあるCPU(推奨:1GHz以上)
RAM2GB以上(推奨:4GB以上)
OSMicrosoft Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2
  • いずれも32ビットまたは64ビットの日本語版のみ
ハードディスクインストール時には1GB以上の空き容量が必要

別途、必要なソフトウエア

Web Server Microsoft Internet Information Services(IIS)
  • Windows Server各バージョンに付属するもの
データベースMicrosoft SQL Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2014
  • ご利用形態によっては「プロセッサ ライセンス」が必要となる場合がございます。(インターネット環境で不特定多数のユーザーからアクセス可能となります。)
SMTPサービスMicrosoft SMTP Service
  • ユーザー認証やPOP before SMTPなどには非対応

その他、必要なもの

ネットワークインターネットまたはイントラネットに接続できること
フォント印刷に使用するフォントをブラウザーで表示させる場合は、別途フォントメーカーとのライセンス契約が必要です。
  • 制作側がWindows VISTA以降の場合、JIS X 0213:2004またはJIS X 0208:1990のいずれかに文字セットを合わせる必要がございます。
SSLインターネット上に公開する場合は、SSLサーバー証明書の取得を推奨致します。
このページのトップへ