IDカードプリンター 診察券

IDカードプリンター 診察券

なぜ、診察券を自ら発行する病院が増えているのか?

キヤノンのカードプリンターは、皆様に選ばれて12年連続シェアNo.1!

中日社 プリンター市場の全貌2004年~2015年、国内名刺ハガキ専用プリンター市場における販売台数において

近年、PETやプラスチックのカードが増えてきた診察券。患者様がいるその場で発行すれば、直接その場でお渡しできるので効率的というのが大きな理由です。患者様の名前の入った高品位なプラスチックカードもつくれるので、病院へのロイヤリティが高まるメリットも。また、外部に患者様の情報が漏れるリスクも軽減できます。

診察券を内製化する3つのメリット

  1. 診察中に発行し、
    お帰りにお渡しできる

  2. 外注1枚数百円~ カードプリンター1枚82円~* 送料も0円!

    外注するより
    大幅にコストを削減

  3. 大切な個人情報を、
    病院内で管理できる

*記載の1枚あたりの作成コストは、キヤノンマーケティングジャパン調べです。
*可変データを印刷する場合、上記インクコストとは異なります。

今なら簡単なお手続きで、カタログやサンプルなどのお役に立つ資料をお届けします。

カードプリンターのクオリティをさらに実感!

プリントサンプルご請求はこちら

12年連続国内シェアNo.1

診察券の作成に、なぜキヤノンの
カードプリンターが選ばれるのか?

※キヤノンカラーカードプリンターCX-G2400の場合

  1. 1枚目の印刷がカラーで
    7秒以内とスピーディー

    キヤノンのカードプリンターなら、1枚目の印刷が7秒以内で完了するので、初診の患者様の来院が重なっても、お待たせせずに印刷ができます。

    印刷スピードを動画で見る

    熱転写方式との印刷速度比較
  2. 外注するより、低コストで発行が可能

    インクコストが1枚約1.2円*。外注するより安いのはもちろん、一般的な熱転写方式のカードプリンターよりも低コストでプラスチックカードがつくれます。

    • インクコストは「測定プラスチックカード画像サンプル」印刷時。
    • 記載のインクコストは、当社プリンターテスト環境下におけるものです。
      お客様の使用環境に応じて変動します。
    • 可変データを印刷する場合、上記インクコストとは異なります。
    • 記載の1枚あたりの作成コストは、キヤノンマーケティングジャパン調べ。
  3. インクジェットで、
    個人情報漏洩のリスクも軽減

    キヤノンのカードプリンターはインクジェット方式。熱転写方式のように印刷後のインクリボンに情報が残らないので、患者様の個人情報漏洩を防げます。

  4. 顔写真や文字、
    独自のデザインをより美しく表現

    1200dpiの高精彩出力だから(一般的な熱転写方式は300~600dpi)、ロゴ色や細かな文字も美しく確実に印刷。高級感あふれるオリジナルデザインのプラスチック診察券がクリアに印刷できます。

    6ポイントの文字(MS明朝)を各プリンターで出力し、5倍に拡大させスキャニングした画像。
  5. 患者様の情報を
    専用ソフトですばやく印刷

    専用ソフトを使用すれば、上位システムから出されたCSVデータをワンタッチで一括取り込みが可能。診察案内などの挿入も年賀状ソフトの感覚で簡単です。

  6. プラスチックの診察券はもちろん、
    紙の職員証や名刺にも使えます。

    プラスチック、紙の両方のカードに印刷できるのはキヤノンだけ。耐久性に優れたプラスチックカードを患者様に提供できる上、安価な紙にも印字可能です。

    • カードプリンター専用プラスチックカードのみ印刷可能。
      市販のPVC、PET-Gなどのカードには印刷できません。
    プラスチックカードや特厚紙の場合は用紙レバーを切り替え。
  7. 全国200箇所の
    サービス拠点があるから、安心・安全

    キヤノンでは全国47都道府県を網羅するサービスネットワークやお客様相談センターを通じてお客さまをサポート。安心・安全に製品をお使いいただけます。

    全国200箇所

診察券発行におすすめのプリンターはこれ!

CX-G2400
CX-G2400
  • プラスチックカード

印刷スピードを動画で見る

詳細はこちら

PR-C201
PR-C201
  • プラスチックカード
  • 磁気
  • IC

詳細はこちら