カラーカードプリンター「自治体情報システム強靱性向上モデル」導入に伴うセキュリティー対策 –二要素認証編-

「自治体情報システム強靱性向上モデル」導入に伴うセキュリティー対策ガイド おすすめの二要素認証は?セキュリティーレベルやコストを徹底比較

自治体情報システム強靭性向上に伴う対策とは?

総務省は「自治体情報セキュリティー対策検討チーム」による「新たな自治体情報セキュリティー対策の抜本的強化に向けて」において、以下の「三層からなる対策」を提言しています。

2要素認証におけるパスワード管理以外の方法2選

二要素認証とは、特長(生体認証)、記憶(ID/パスワード)、所持(ICカード)のうち、いずれか2種類を使うことを指します。

ICカード認証 + ID/パスワード、生体(指紋・静脈など)認証 + ID/パスワード

おすすめの二要素認証は?
おもな二要素認証をセキュリティーレベルやコストで徹底比較

認証の種類 記憶 所持 存在
 
認証方法の例 パスワード ICカード
カメレオンコード
生体(指紋・静脈・顔)認証
セキュリティーレベル 低い⇔高い
パスワード漏洩すると第三者がなりすまし可能 貸し借り、盗難、紛失リスクあり 貸し借り、盗難、紛失リスクなし
運用の利便性 パスワードを定期的に変更する必要あり ICカードなどを常時形態する必要あり 誤認識や身体的特長の変化などにより、正しく認識できないことがある
コスト 安い⇔高い
特別な装置は不要 ICカードおよび読み取り装置は比較的安価 普及段階のため価格が高くなる傾向がある

おすすめの二要素認証は、ICカードの活用

生体認証は、自分自身の生体情報を用いることから、持ち運び不要といったメリットがあります。
しかしながら、現時点では専用サーバーが必要で高額になりやすく、認証制度に課題があることも。よく検証して導入することをお勧めします。

そこで、キヤノンとしてのおすすめはICカードの活用です。現在、民間企業でも最も普及が進んでいる認証方式のため価格も抑えながらです。また、複合機利用の際には「操作パネルで利用者認証が成功した者のみ印刷が許可される機能」などの活用が推奨されています。この運用でも、ICカード認証が想定されるため、導入後の利活用が幅広いこともメリットです。

ICカード運用の検討で、こんなお悩みはありませんか?

ICカードの作成コストが思ったより高い・・・ 一回数十名分のカード発行に時間がかかりそう・・・

運用方法で変わる!ICカード採用時の出力方法別の運用比較

  シール紙に印刷し、ICカードに貼付け。ICカードを破棄せず再利用する運用の場合。 ICカードへ直接印刷する運用の場合。
対応機種例
CX-G2400
IDカードプリンター
PR-C201など
1枚単価 約32円/枚
(メディア約30円+インク2円)
約1,050円/枚
(メディア約1,000円、インク約50円)
印字速度 カラー 50枚/分
(15~20倍の生産性)
約2.5枚/分
モノクロ 約15枚/分
ファーストプリント 約10秒 約25秒(カラー)、約6秒(モノクロ)
メディア種類 紙、シール紙
プラスチックカード※1
ICカード
プラスチックカード
自動両面 ×
(機種により対応可)
ICチップの読み書き ×
(機種により対応可)
 

CX-G2400なら、印字したシール紙をICカードに貼り付けることでICカード自体をリユース。コスト削減と環境負荷の軽減を実現

キヤノンカードプリンターCX-G2400で、シール紙運用を行うメリットは下記の通りです。

  • シール紙光沢はPET素材だから、ICカードから剥がす際にも破れにくい。
  • 高額なプラスチックカード専用プリンターの導入も不要。
  • コストは1枚約30円からとICカードへの印刷と比較し低コストで印刷可能。
  • シール紙だけでなく、名刺もプラスチックカードにも印刷可能だからさまざまな用途に使える。

導入事例

医療法人社団玉栄会 天使病院[職員証]
PET素材のシール紙に職員証を印刷しICカードは再利用することで、低コスト運用を実現

PET素材のシール紙に印刷してICカードを再利用。医療法人社団玉栄会 東京天使病院 職員証の印刷コストを大幅に削減。詳細へ
今なら、プリントサンプル無料プレゼント実施中!名刺、カード、ハガキ、封筒プリントセットとお役立ち資料印字品位の確認にぜひご活用ください
サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。
このページのトップへ