Windows脆弱性を悪用するランサムウェア「WannaCry」の対応について

情報掲載日:2017年6月21日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素よりキヤノン製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)「WannaCry」の被害が世界中で広がっております。
弊社のレーザー複合機およびレーザープリンターのランサムウェアによる影響について、以下のとおりご説明いたします。

1.脆弱性に対するセキュリティパッチ適用について

キヤノン製レーザー複合機およびレーザープリンターのうち、一部の機種やプリントサーバー※1においては、安全にご使用いただくために、マイクロソフト社のWindows OSに適切なセキュリティパッチを適用いただく必要があります。

なお、これらの製品を除くすべてのキヤノン製レーザー複合機およびレーザープリンターにおいては、「WannaCry」に関する脆弱性がないことを確認しております。

今後とも引き続き、適切な対策をしたうえで、安心してキヤノン製品をご利用いただきますようお願いいたします。

※1 対策が必要なプリントサーバー

Windows OSを採用している機種およびプリントサーバー

  • varioPRINT 135 シリーズ
  • VarioPrint 6000Ultra/Ultra+シリーズ
  • PRISMAsync
  • imagePRESS Server
  • ColorPASS

2. SMBv1を無効にした場合の各機能への影響について

また、追加の保護策もしくはWindowsOSへセキュリティパッチを適用できない環境においては「SMBv1 を無効にする」こともMicrosoft社のWebページでご紹介されております。

このSMBv1を無効にする設定をPC側で実施した場合、以下特定のキヤノンデバイスでSMBv1を利用した機能が使用できなくなります。各商品における影響については下記をご参照下さい。

戻る
このページのトップへ