映画制作機器EOS C200/EOS C200B高画質

4K UHD 60P & Cinema RAW Light 搭載 EOS C200/EOS C200B 4K UHD

新4K映像システムが生み出す高画質

4K対応スーパー35mm相当CMOSセンサー

写真:4K対応スーパー35mm相当CMOSセンサー

有効約885万画素(4096×2160)、スーパー35mm相当のCMOSセンサーを自社開発。4K(DCI)/4K UHD/FHD映像を撮影可能。さらなるS/N比の向上、信号読み出しの高速化により、高品位な映像記録を実現します。

新開発・映像処理プラットホーム デュアルDIGIC DV6

写真:デュアルDIGIC DV6

高画質データをパワフルに処理する、新開発・映像処理プラットホーム DIGIC DV 6を2基搭載。小型ボディーながら、多彩な表現力と快適な操作性を実現する、CINEMA EOS SYSTEMのコアテクノロジーです。

NEW
2つの4Kファイルフォーマットに対応

2つの4Kファイルフォーマットをサポート。データ運用が容易なカメラ内カード記録を可能とし、4K、HDR収録を身近なものにします。

水平解像度 4K:1800TV本

図:水平解像度

最大4096x2160の4K記録に対応した8.85Mセンサーの高画質。4Kセンサーから得られる情報をフルに活用したFHD記録も十分に制作ニーズに応えます。

Over Sampling HD Processing

フラグシップモデルと同等の高画質・信号処理システムを採用

図:オーバーサンプリングHDプロセッシング

フラッグシップモデルのFHD記録 RGB出力で用いている高画質ディベイヤーアルゴリズムを採用。モアレの発生を抑え、ノイズの粒状性が向上。4Kの豊かな映像表現力をFHD記録に有効活用することで幅広い映像制作ニーズに応えます。

新開発 Dual DIGIC DV 6

高画質データをパワフルに処理する、新開発・映像処理プラットホーム DIGIC DV 6を2基搭載。小型ボディーながら、多彩な表現力と快適な操作性を実現する、CINEMA EOS SYSTEMのコアテクノロジーです。

図:新開発 Dual DIGIC DV 6

ISO100~ISO102400の低感度から高感度まで広いISO感度域を実現

大判センサーならではのボケ味を生かせる低感度撮影

CMOSセンサーの画素構造を進化させることで、低ISO感度域の設定範囲を拡大。日中でも深度の浅いボケ味を活かした映像表現が可能になり、大判センサーならではの画づくりを楽しめます。

ISO 100対応

写真:ISO 100作例

大判センサーと高性能な映像エンジンによりベース感度は高感度化。その一方、明るい日中の撮影では絞って撮影することを強いられました。 新しいセンサー技術を搭載し、低ISO感度の設定領域を1段以上広げISO100に対応。絞りを開けて大判センサーならではのボケ味を活かした撮影が可能です。

  • ISO100の設定をするには、メニュー設定にて「感度拡張」を有効にする必要があります。

暗所撮影に有効な最大ISO102400、Gain54dBを実現

肉眼でも被写体の確認すら困難な暗い環境でも撮影できる、最大ISO102400、Gain 54dBの超高感度に対応。 さらなる高感度・低ノイズ撮影が可能です。

作例:EOS C200 / EOS C300

NDフィルター

ターレット式NDユニットの採用

図:NDフィルター ターレット式NDユニット

回転式ターレット(円盤)2枚方式を採用した電動式NDユニットを内蔵。シンプルな構造で壊れにくく、空窓を利用してすべてのガラス面をクリーニングできるなどメンテナンス性にも優れた構造です。より濃度の濃い8/10stopsの拡張モードにも対応。明るい屋外でも絞りを開けて深度の浅い撮影ができます。

ターレットの組み合せと焦点距離

  ND 1 ND 2 ND計
通常
モード
Clear 空窓 0 stops
空窓 2 stops 2 stops
空窓 4 stops 4 stops
6 stops 空窓 6 stops
拡張
モード
6 stops 2 stops 8 stops
6 stops 4 stops 10 stops
このページのトップへ