映画制作機器EOS C300/EOS C300 PL拡張性

映像はいま、新しい自由へ。EOS C300/EOS C300 PL

プロの現場に求められる多彩な業務用端子

業務用端子

写真:業務用端子

HD/SD SDI端子、GEN LOCK端子など、ワークフローに不可欠な業務用入出力端子を豊富に搭載。

GPS対応 ファームウエア1.1.1.1.00以降による追加機能

写真:GPS対応

GPSレシーバーGP-E1が使用できるようになります。自動時刻設定や撮影位置情報の記録が可能です。

ファームウエアはこちらよりダウンロードください。ファームウエアアップデートへ

リモート制御

リモートコントローラーの対応 ファームウエアVsersion 1.1.2.1.00以降による追加機能

写真:リモートコントローラー RC-V100

業務用カメラ専用リモートコントローラー RC-V100(別売)に対応となり、カメラ本体から離れた場所での露出やホワイトバランス、その他主要機能の設定・調整を実現。

  • カメラ本体の「REMOTE端子設定メニュー」で「RC-V100」を選択する必要があります。

撮影の自由度を向上させるリモートコントローラー RC-V100

リモート操作することができるため、ビデオカメラ本体から離れた場所にいても、映像の露出やホワイトバランスなどの設定・調整を行うことが可能になり、映像制作現場での撮影の自由度を向上させることができます。

操作性の向上

画質調整のダイレクト操作
写真:画質調整のダイレクト操作

使用頻度が高い画質調整機能をダイヤルに割り当てることにより、カスタムピクチャー画面を開くことなく、ダイレクトに設定操作が可能です。

【画質調整】
● AUTO KNEE ● KNEE POINT ● KNEE SLOPE ● BLACK GAMMA LEVEL
● SHARPNESS LEVEL ● WHITE BALANCE R/B ● MASTER BLACK R/B ● MASTER PEDESTAL

ブザー音
写真:ブザー音

キー操作時にブザー音でリアクション。操作の手応えを明快にすることで、快適で確実なコントロールを実現します。

キー・ダイヤルレイアウト

各機能を明快にゾーニング。使用頻度や指の動きを考慮し、キーとダイヤルをレイアウトしています。ほぼすべての機能をスムーズに操作することが可能です。

写真:リモコンレイアウト

汎用機材との連携で、リモート制御も可能。

写真:リモート制御活用シーン

無線LANに対応した、ワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E6Bを使えば、EOS C300のリモートコントロールが可能。EFレンズ装着時なら、フォーカスや絞り値のコントロールも行えます。また、スマートフォンやタブレットPCなどの汎用機材でも簡易的にリモート制御できます。

写真:制御画面

Wi-Fi Remote複数ログイン対応 ファームウエア1.1.1.1.00以降による追加機能

カメラ1台に対して2ユーザーの接続が可能になります

写真:Wi-Fi Remote複数ログイン対応
ファームウエアはこちらよりダウンロードください。ファームウエアアップデートへ

プロ用機材との連携

マットボックスやフォローフォーカスなどプロ用機材との高い親和性を実現。

シネマ制作現場で標準的に使用されている主要な電動駆動系アク セサリーをはじめ、マットボックスやフォローフォーカスなどの機材が装着可能。優れた拡張性があるため、現場の即戦力として活躍します。

写真:レンズアクセサリー
このページのトップへ