映画制作機器EOS C300/EOS C300 PLファイルフォーマット

映像はいま、新しい自由へ。EOS C300/EOS C300 PL

プロフェッショナルに応えるファイルフォーマット

カラーサンプリング方式は4:2:2。より自由度の高いカラーコレクションが可能に。

写真:カラーサンプリング画質比較

カラーサンプリング方式は、4:2:2を採用。輝度信号4画素に対して色差信号を1画素分しか記録しない4:2:0に対して色差信号の垂直解像度は2倍です。より微細な色表現が可能になるほか、再レンダリングによる世代劣化の影響が少ないため、テロップ入れや合成処理、カラーコレクションでも効果を発揮します。

図:4:2:2カラーサンプリング方式

MPEG-2 Long GOP

圧縮効率が良く扱いやすいMPEG-2 Long GOPコーデックを採用。

EOS C300 のコーデックには、圧縮効率に優れ、ノンリニア編集でも扱いやすい MPEG-2 Long GOP を採用。コンピューターへの負担が比較的少ないため、編集用コーデックへの変換をしなくても、高い編集効率を維持できます。また、Long GOP 方式は、フレーム間で圧縮処理を行うために効率が高く、フレーム内で圧縮するイントラフレーム方式に対して、同等画質を保ちながらもファイルサイズを小さくできます。そのため容量の限られたCFカードメディアでも長時間の記録が可能です。映像データの記録レートはクラス最高水準の50Mbpsです。

MXF

ファイルコンテナにはMXFを採用。

ファイルベース時代の映像交換フォーマットとして制定された、MXF(Material eXchange Format)ファイル方式を採用。ノンリニア編集、メタデータの取り扱いが容易に行える規格として設計されています。

多彩な録画モード

ビデオ映像圧縮形式:MPEG-2 LONG GOP ビットレート (カラーサンプリング) (プロファイル@レベル) 記録画素 フレームレート 記録時間(32GB時)
NTSCモード PALモード 24.00Pモード
50Mbps(CBR)
(4:2:2)
{422P@HL}
1920×1080 59.94i 50.00i 24.00P 80分
29.97P 25.00P
23.98P -
1280×720 59.94P 50.00P 24.00P
29.97P 25.00P
23.98P -
35Mbps(VBR)
(4:2:0)
{MP@HL}
1920×1080 59.94i 50.00i - 110分
29.97P 25.00P
23.98P -
1440×1080 59.94P 50.00P
29.97P 25.00P
23.98P -
1280×720 59.94P 50.00P
29.97P 25.00P
23.98P -
25Mbps(CBR)
(4:2:0)
{MP@H14}
1440×1080 59.94i 50.00i - 155分
29.97P 25.00P
23.98P -

1440×1080 35Mbps記録モード ファームウエア1.1.1.1.00以降

PUSH AUTO IRIS時、明るさの目標値を±2.0の範囲で設定することが可能(AEシフト)。また、測光方式も切り換えられるようになります。

ファームウエアはこちらよりダウンロードください。ファームウエアアップデートへ
このページのトップへ