映画制作機器EOS C700/EOS C700 GS PL運用性/拡張性

CINEMA EOS SYSTEM 完成、新世代フラッグシップ。 EOS C700/C700 GS PL

運用性/拡張性

新開発モジュール構造

システムアクセサリーとの連動で機能を付加するモジュール構造を採用しました。シネマカメラとして複数人で操作することも、ワンマンで撮影に臨むことも可能。さらに、EFPカメラとしても運用できる、高い拡張性を実現しています。

アナモフィックレンズに対応

シネマ撮影で使用されるアナモフィックレンズに対応。通常のレンズでは表現できない独特なフレア、ボケ味を映像表現に活用できます。有機EL電子ビューファインダーEVF-V70(別売)やMON.端子からの出力時には、メタデータのスクイーズ倍率(×2.0/×1.3/切)に連動させるほか、モニタリング倍率(×2.0/×1.3)を選択することもでき、2.39:1のアスペクト比で映像を確認することが可能です

フル HD/120P、クロップ時240P記録に対応

フル HD/120Pに加え、最大240P(クロップ撮影)のハイフレームレートによる撮影・内部記録に対応。滑らかなスロー再生が可能です。

放送用レンズ対応

別売のB4マウントアダプターMO-4E(EOS C700用)/MO-4P(EOS C700 GS PL用)を使用することにより、B4マウントの放送用ENGレンズを装着できます。

【対応ENGレンズ】

HJ14e×4.3B IASES、HJ18e×7.6B IASES、HJ24e×7.5B IASES、HJ17e×7.6B IASES、HJ22e×7.6B IASES

多彩なワークフローに対応

図:ワークフロー

Cinema RAW Development

アイコン:Canon Cinema RAW Development

新しいRAWファイルのデータ特性に対応したCinema RAW Developmentを無償ダウンロード提供。 新規現像プロセスに対応したほか、アナモフィックレンズ対応や、HDRモニタリング、Canon Log 3、ACES1.0対応するなどEOS C700の特性とポテンシャルをフルに引き出します。

画面:Canon Cinema RAW Development
【主な特長】
1.アナモフィックレンズ対応 (プレビュー、エクスポート)
  • アナモフィックレンズで撮影したクリップのデスクイーズ処理に対応(1.33倍/2倍)
2.HDRモニタリング対応
  • ITU-R BT.2100およびSMPTE ST 2084で規定されているPQに加え、Hybrid Log-Gamma方式の映像出力にも対応
3.Canon Log 3対応
  • 表示設定のガンマにCanon Log 3を適用
  • エクスポート時にCanon Log 3を適用
    出力ファイル:DPX, ProRes(Mac)
4.ACES1.0対応
  • 本ソフトウエアからのエクスポートでACES1.0に対応
    出力ファイル:OpenEXR
  • 表示文言をACES1.0準拠文言に修正

Canon XF Utility

アイコン:Canon XF Utility

XF-MPEGおよびXF-AVCに対応した動画データの、取込み・再生・管理と、静止画データへの切り出し(XF-AVCのみ)に対応したソフトウエアを無償ダウンロード提供。 EOS C700で撮影した高ビットレート動画のリアルタイム再生に対応し、ストレスのない作業が可能。Canon Log 3やアナモフィックレンズにも対応します。

画面:Canon Cinema RAW Development
【主な特長】
1.高ビットレート動画データのリアルタイム再生
表示解像度1/2のとき、4K 60P/50Pクリップをコマ落ちのないリアルタイム再生が可能。EOS C700の高ビットレート動画をストレスなく扱えるハイパフォーマンスを実現。
2.Canon Log 3対応
Canon Log 3が適用されたMXFファイルに対応。1D/3D LUT適用後の画のプレビュー表示/静止画保存やガンマ名表示が可能です。
3.アナモフィックレンズ対応
アナモフィックレンズで撮影したクリップに対するデスクイーズ処理(1.3倍/2倍)に対応。デスクイーズ処理後の絵を中央クロップしてプレビュー表示、静止画出力することも可能です。

【その他の機能】

○CFastダブルスロット
○NDフィルター内蔵(0/2/4/6 Stop、拡張時8/10 Stop)
○Cooke/i Technology対応
○DC出力2系統(12V、24V)
○リモートコントローラーRC-V100対応
○IDX Vマウントバッテリー対応
○IPストリーミング対応

このページのトップへ