当サイトではjavascriptを使用しています。
javascriptを有効に設定してご覧ください。

CINEMA EOS SYSTEM

This is EOS C500 EOS C300から進化したトップエンドコンテンツ制作を実現する最新のテクノロジー

4K Cinema RAW

CMOSセンサーが出力したリニアデータのRAW情報を、余すことなく外部出力してグレーディングでの柔軟性を実現するため、10bit Canon Logに変換して3G-SDI端子より出力しています。

2K/HD 4:4:4 10bit/12bit出力にも対応

実用性の高い2K及びフルHD解像度では、YCC 4:2:2だけでなく高精度のクロマキー処理などに有利なRGB 4:4:4 10bit/12bit Canon Log出力に対応。全てのピクセルがフルカラーの情報を持てるようになり、グレーディングも含めて、より高品位な2K映像の作成が可能。

マルチフォーマットに対応

放送規格向けの解像度に加え、新たにデジタルシネマ製作に向けたDCI規格解像度をサポート。2Kでは1920×1080(フルHD)と2048×1080に対応。4KではフルHDと同様の16:9の画面アスペクト比を持つ3840×2160のQFHD(Quad Full HD)と4096×2160に対応。

小型、軽量、高感度

解像度、ビット数、フレームレート、全てにおいて、ハイエンドなスペックを実現しながらも、筐体サイズはEOS C300とほぼ同じ。
PAGE TOP