当サイトではjavascriptを使用しています。
javascriptを有効に設定してご覧ください。

CINEMA EOS SYSTEM

RAW Debayer -RAWディベイヤー-

EF8-15mm F4L Fisheye USM ISO850 F8 1/48

ディベイヤー

EOS C500のベイヤー配列によるCMOSセンサーでは、R,G,Bそれぞれに対応する撮像素子をR、B各1チャンネル、Gを2チャンネル(G1、G2)の計4チャンネルを1つのパターンとして規則的に格子状に配列。読み出しの際には、2048x1080の各チャンネル毎のデータを個別に読み出し、R, G1, B, G2のプレーンとして3G-SDI経由でレコーダーへCinema RAWとして伝送出力。ディベイヤーとは、このCinema RAWデータから、現像アプリケーションなどで一般的なR,G,Bの3つの一枚画像(=DPXファイル等)を作り出す現像処理を含む一連のプロセスのこと。
Cinema RAW Development (キヤノン純正 ディベイヤーソフトウェア)
PAGE TOP