当サイトではjavascriptを使用しています。
javascriptを有効に設定してご覧ください。

CINEMA EOS SYSTEM

RGB 4:4:4 / YCC 4:2:2

CN-E14.5-60mm T2.6 L S ISO850 T4 1/50

ハイクオリティな映像制作を可能にする RGB 4:4:4

通常のビデオ映像フォーマットとして標準的に使用され、輝度(Y)と2つの色差信号(Cb/Cr)に変換し、見た目の画質をある程度保ちながらデータサイズを小さくすることが可能なYCCフォーマットに対し、全てのピクセルにR,G,B3色の情報が記録されているのが、RGB 4:4:4 フォーマット。各ピクセルがフルカラーの色情報を持つことで、実質の色解像度はYCC 4:2:2よりも高くなり、よりクリアで豊かな色再現が可能です。

実用性と品質を兼ね備えた、2K RGB 4:4:4 10bit/12bitフォーマット

4Kセンサーから作り出される2K RGBのクオリティは2Kでの劇場映画作品制作にベストフィット。

既存のD.I.ワークフローとの親和性

2K RGB 4:4:4 10bit/12bit Canon Logで収録すれば、現行のスタンダードであるVFXやD.I.プロセスのDPXベースの既存のワークフローを活かした制作が可能。

グレーディング効果の向上、グリーンバック合成用素材の撮影に有効

RGB最大のメリットはグレーディングやVFX素材としての品質向上。精度が必要なクロマキー処理などを行う際にRGB収録は有効。
PAGE TOP