コンプライアンス経営の重要性

コンプライアンス経営とは

コンプライアンスの徹底が企業の収益低下につながるという懸念もありますが、実際には、コンプライアンスと企業の利益は矛盾するものではありません。むしろ、コンプライアンスは、企業の利益を長期的に最大化するものです。短期的な利益のために信用を失い、結果、企業の存続が危ぶまれる事例は数多くあります。
コンプライアンス経営をきちんと実践することが、持続可能な企業につながっていくのです。

より高い次元の行動を目指す 「遵法精神に基づく行動」法令は絶対に守る 「リスクに強い行動」社内ルールも守る 「企業倫理に適った行動」企業市民の務めを果たす 「理想的な行動」社会から求められる会社へ

コンプライアンス経営のメリット

長期的な利益は、短期的な利益の合計です。しかし、短期的な利益の中には、結果として長期的な利益を減らしてしまう利益も存在します。コンプライアンス経営は行うべき行動を選択し、行うべきではない行動を排除することで、長期的な利益を減らしてしまう短期的な利益を選別することができるようになります。

「短期の利益」目先の利益→長期にわたる利益の最大化 または 手にしてはならない利益(長期的な利益を減らす恐れのある利益)
「コンプライアンスソリューション」トップページに戻る

キヤノンマーケティングジャパンがご紹介する「コンプライアンスソリューション」

今ならサンプル・詳細資料のプレゼント 無料 コンプライアンス強化に役立つソリューションの詳細資料、コンテンツサンプルの無料ダウンロード実施中!

コンプライアンスソリューションに関するお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

企業のコンプライアンス活動支援サービスに関するお問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ