カラーコピーサービス広告(1978年)

1978.03カラーコピーサービスを開始

1978年3月、カラーコピー市場のマーケティングの一環として、東京と大阪に「NPコピーショップ」を開設し、カラーコピーサービスを開始した。キヤノンは1973年に液体現像方式のNP-COLOR試作機を発表。その後、乾式現像方式への転換を図り、色再現性・階調性を向上させた「NPカラーCC-3」を試作していた。CC-3を導入したNPコピーショップは予想以上の大反響で、翌年には銀座店、神田店がオープンし、その後、全国規模の本格的な店舗展開を進めたのである。