「ミニコピア」

1982.10世界初のカートリッジ複写機「ミニコピアPC-10/20」発売、商店などのパーソナル市場を一気に開拓

1982年10月、待望のパーソナル複写機「PC-10/20」(愛称・ミニコピア)が発売された。この製品は、世界最小・最軽量、価格は従来の最小複写機の半額、世界初のカートリッジ方式でイージーメンテナンスという特徴を持ち、それまで未開拓であったパーソナル市場への突破口となるものであった。そこでこの画期的製品を売り込むべく、デビュー間もないアイドル歌手・中森明菜さんがミニコピアを持ち運ぶシーンが印象的なTVCMを制作して放送するほか、新聞、雑誌、駅貼りなどでも大々的に広告展開した。
また、PC-10/20はサービスマンが不要なことから、従来の複写機の販売ルートとは異なる、文具店やカメラ店、家電量販店などの新たな販売チャネルを開拓した。これら積極的なマーケティングの結果、個人医院や商店など新たな多くのパーソナルユーザーを獲得することができた。