1984.05「01(ゼロワン)ショップ」1号店
新宿副都心にオープン

1984年5月、アップルコンピュータジャパンとの販売契約調印後、直営の店頭販売チャネルとして「ゼロワンショップ」1号店を新宿副都心の新宿三井ビルにオープンした。
ゼロワンという名称は、コンピューター内部が0と1の2進数で処理されていることに由来し、21世紀の高度情報化社会に対応するショップを目指そうという意気込みから名づけられた。
このショップの機能としては、個人客への店頭販売のほか従来の訪問販売、パーソナルOA機器のデモンストレーション、マーケットリサーチなどを担った。
このほか、カラーコピーサービスやDTPサービス、ワープロ教室、パソコン教室も展開した。ゼロワンショップはその後、全国に多くの店舗を展開したことから、ソフトウエアハウスや周辺機器メーカーからも注目を集めた。