1989.03「システムインテグレーター企業」の認定取得

1980年代中頃より、米国でシステムの構築においてユーザーの要求内容を把握して基本設計を行い、プログラム作成、運用、保守に至るまで一貫して請け負うシステムインテグレーターが生まれた。日本でも、1988年に通商産業省(現・経済産業省)による「システムインテグレーター認定制度」が開始された。
当社では、1990年代の企業コンセプトのひとつとして「限りなき創造と繁栄のために、『映像と情報のシステムインテグレーター』を目指す」を掲げ、同制度の認定取得に取り組み、1989年3月にキヤノンソフトウェアが認定を取得、当社も1990年3月に認定を取得した。