新社名告知広告(2006年)

2006.04キヤノンマーケティングジャパンに社名変更

2006年4月1日、キヤノン販売からキヤノンマーケティングジャパンへと社名を変更した。ハードウエアに依存した卸売業から情報サービス企業への脱皮を目指し、経営の変革と付加価値創造型ビジネスの推進に取り組んできたなかで、キヤノン販売という社名では、名は体を表さなくなってきたからである。
2006年は、5カ年計画「長期経営構想」のスタート年でもあった。村瀬は「新たなスタート地点に立った。『名は体を表す』という。名実ともに、エクセレント企業グループに成長していこう」と社員に呼び掛けた。