初のCSR報告書(2007年8月発行)

2007.08CSR活動の強化

当社は、キヤノンとともに早い時期からコンプライアンス、環境保護、情報セキュリティ、社会貢献などの活動に取り組んできた。その活動を一段と強化するため、2007年1月、CSR推進本部(現・CSR本部)を設立。同年4月には、経営会議傘下の企業倫理・コンプライアンス委員会、情報セキュリティ委員会、環境推進委員会を統合したCSR委員会を設置した。
また、同年8月からは当社グループの「CSR報告書」を独自発行に切り替え(従来はキヤノン発行の「サステナビリティ報告書」の中で報告)、CSR活動の考え方や計画・実績をより詳細にステークホルダーに伝えることを開始した。
2009年12月には、人権、労働、環境、腐敗防止に関する原則「国連グローバル・コンパクト」に署名するなど企業としての基本的CSR活動を強化しているほか、マーケティング会社らしく本業である製品やソリューションの提供を通じて社会課題の解決の一助となるように取り組んでいる。